bet365|日本語ガイド - 評判と安全性・違法性について

bet365|日本語ガイド - 評判と安全性・違法性についてbet365

bet365は世界最大のオンライン専業ブックメーカーです。

オッズの多さ、ライブベッティング画面の使いやすさ、ストリーミング配信などの多機能性が特徴で、ブックメーカー業界の世界トップを走るリーディングカンパニーです。

日本では出入金手段がエコペイズなど一部に限られるため手軽にプレーできるブックメーカーとは言えませんが、最高品質のサービスは確か。

特にbet365と相性がよいのがこちらの方々!

  • 他ブックメーカーからの乗り換え
  • 稼ぎ重視でサイトの機能性を求める方
  • ライブベッティングが主体の本格派の方
  • サイトの使いやすさ、操作性重視の方
  • 手続きが少し面倒でも問題ない方

今なら、登録から30日の入金額とベッティングに合わせて最大1万円分のベットクレジット(フリーベット)が貰える新規登録キャンペーンも実施中です!

bet365の新規向け最大¥10,000のベットクレジット進呈ランディングページ画面のスクリーンショット(PC画面)

>> bet365に登録する
-登録5分!最大10,000円分のボーナスが貰える!-

 

世界最大のブックメーカーbet365の評判と特徴

bet365トップページのスクリーンショット(PC画面)

>> bet365に登録する
-登録5分!最大10,000円分のボーナスが貰える!-

bet365は2000年の創業からたった20年で業界トップレベルに飛躍し、今や規模だけでなく世界多方面から高評価を受けるスポーツブックメーカーとなりました。

現在は地元イギリスのストーク・オン・トレントで巨大な自社ビルを建設し、さらに地元を拠点とするイングランドプレミアリーグ、ストーク・シティFCも所有しています。

日本では長く日本語未対応が続いていましたが、その間もサイトの高機能性に惹かれてユーザー数を伸ばし、いまでは業界最多の日本人ユーザーを抱えるスポーツブックメーカーとして君臨しています。

bet365は「上級者が好む、きめ細やかなサービスの充実」が魅力である一方、「出入金手段が少なく本人確認などが面倒」という手軽さに欠ける一面があります。

利用検討者にbet365の特徴として紹介したいのが、こちらの4点です。

  • サイトの操作性がよくオッズ種類が豊富
  • 業界最高レベルのライブベッティング機能
  • 日本語表記に対応し、日本人向けサポートも完備
  • 出入金手段は少ない

 

特徴① サイトの操作性がよくオッズ種類が豊富、フリーベットも毎週貰える

bet365の公式サイトにアクセスしてみるとわかりますが、とにかくサイトの表示スピードが早く使いやすい。サクサク動いてスッキリ見やすく、直感的にサイトを使いこなせます。

ブックメーカーは表示動作が重いサイトが多いのですが、bet365ではそのようなストレスは感じません。スマホでもPCでも操作性が抜群に良いです。

また賭け方やオッズの種類が多いのもbet365の特徴で、これはただ単純にオッズの数が多いというより、他社が出していないような細かいオッズ(オーバー/アンダー、ハンディキャップなど)が豊富にあることが、上級者に好まれる理由の一つだと言えます。

さらに嬉しいのが、bet365ではアクティブな既存ユーザー向けに750円のフリーベットをほぼ毎週末プレゼントしていること!

私はサッカーにばかりベットしているので、ほぼ毎週Jリーグやチャンピオンズリーグなどで使える750円のフリーベットがbet365から進呈されます。

bet365の750円のフリーベットプレゼント(UEFAチャンピオンズリーグ版)の詳細

bet365の750円のフリーベットプレゼント(J1リーグ版)の詳細

このフリーベットは各ユーザーごとに普段ベットしている競技で使えるものを独自で配信しているもので、フリーベット情報の配信をONにしているアクティブユーザー向けに行われているプレゼントです。

私の場合はサッカーですが、野球ベッターの方は野球、テニスベッターの方はテニス、競馬ベッターの方は競馬で使えるフリーベットが配信されるはずです。

実際この750円のフリーベットを使って高オッズにベットしたところ、オッズ19倍の大穴を的中させて750円フリーベットから13,500円を無料でゲットしたことがあります。

普段、こんなベットはしないのでフリーベットプレゼント様々という感じ。

bet365は新規向けのフリーベットはさほど注力していないのですが、既存のアクティブユーザーには至れり尽くせりのフリーベットプレゼントを行ってくれます。

 

特徴② 業界最高レベルのライブベッティング機能

bet365は業界賞レースを総なめにするほどモバイルサービスの評価が高いです。

スマートフォンで試合中に賭けを行うライブベッティングが主流となるなか、「bet365のライブベッティングは業界最高レベル」評価を得ていますし、実際に使ってみてもそう感じます。

パソコンからアクセスした場合のライブベッティング画面がこちら。

bet365のライブベッティング画面(PC画面)

モバイル端末でのライブベッティング画面がこちら。

bet365のライブベッティング画面(モバイル画面)

bet365のライブベッティング画面(モバイル画面)

bet365のライブベッティング画面はとにかく高機能。

  • ストリーミング配信で試合中継をリアルタイムで視聴可
  • スタッツ表示/データ提供が充実
  • キャッシュアウト機能が充実
  • ライブベットの操作も迅速で確実

bet365のライブベッティング1つさえ開いておけば、その画面内で試合を見ながら、データスタッツで分析し、ライブベットして、損切り/利確も設定できるんですね。

bet365は様々な競技の映像を生中継でサイト上で配信するライブストリーミング配信を行っていて、例えばバルセロナとレアルマドリードのエル・クラシコもbet365で視聴できます。

bet365のバルセロナ×レアルマドリードのエル・クラシコのストリーミング配信の様子(モバイル画面)

ライブベッティング時に色んなサイトを同時に開いて行き来する必要もないし、試合展開の変化を見落とす心配もなければ、サイトもサクサク動いてくれるのでストレスもない。

スピードが大切と言われるライブベッティング上級者だと、このような「いたれりつくせりな画面設計」が病みつきになっていくんです。

一つ残念なのが、アプリはAndroidのみの提供で、日本国内ではiOS版が提供されていない点。アプリはサイトログイン後、指定リンクよりインストールできます。

 

特徴③ ついにbet365も日本語対応!サポート体制も完備

長らく日本語未対応だったbet365ですが、2021年8月、ついに日本語表記に対応しました。従来どおり「日本円」の使用に加え、サイトの日本語表記、さらに日本語サポートも提供されました。

日本語サポートはメール、オンラインチャット(日本時間15時~26時のみ)での問い合わせに対応。特にオンラインチャットはその場で即回答を貰えますので、本人確認や出入金で不明点があるときに重宝します。

日本語未対応だったときは、自力で英語を読み解き、トラブル時も英語で問い合わせする必要があったため万人受けしなかったのですが、日本語対応したことでこのような心配は無くなりました。

日本語 お問い合わせhttps://help.bet365.com/ja/contact
メールアドレス(日本語)support-jpn@customerservices365.com
日本語チャット
(日本時間15時~26時まで)
https://help.bet365.com/livechat

この日本語対応プロジェクトに関わっていたbet365の日本人元社員の方へ行ったインタビューがこちら。

bet365が日本市場をどのように捉えているのかだけでなく、2020年から発足した総勢20名の日本語チームの内部事情も探っていますので、興味のある方はぜひ。

元ブックメーカー勤務の日本人に聞く、運営実態と日本市場との関わり
【インタビュー企画】元bet365勤務の日本人男性にインタビュー!海外ブックメーカーへ就職した経緯、大手海外ブックメーカーが日本市場をどのようにみていて、どういう運営実態があるのかを聞きました。日本のJリーグでも導入されている八百長検査システムなどの詳細も記載しました。

 

特徴④ 出入金手段が少ない

bet365の欠点は「出入金手段が少ないこと」です。日本で使用できる出入金方法がこちら。

bet365 決済方法(日本対応)
入金出金
クレジットカード(Visa/Master)
デビットカード(Visa/Master)

※1
×
ecoPayz(エコペイズ)
AstroPay(アストロペイ)
×
銀行送金×
※2

※1 一部を除き、日本発行カードの大半は使えません
※2 ゆうちょ銀行、地銀など一部の銀行では着金拒否される事例あり

日本発行カードのクレジットカード(デビットカード)で入金に利用できるのは「三井住友デビットカード」や「楽天銀行デビットカード(MasterCard)」など極一部のみ。

bet365への主な出入金ルートをまとめると、こんな形になります。

  • 三井住友/楽天銀行デビットカードで入金→銀行送金
  • エコペイズ入金→エコペイズ出金
  • アストロペイ入金→銀行送金

今のところ、上記3つの出入金ルートしかありません。

bet365は上級者が好む多機能さが売りですが、決済手段が少なく準備の手間もかかるため完全初心者に少しハードルが高目。

本格的にbet365を利用するなら三井住友デビットカード、もしくは楽天銀行デビットカード(MasterCard)をbet365入金専用カードにしてしまうのもオススメ。

口座開設とカード発行の申込みから約1週間で利用できますので、最近はこのルートを使う方が多いですね。

 

特徴⑤ 豊富な受賞歴と高い業界評価

bet365の業界評価の高さを示すものの一つが、こちらの業界受賞歴です。

SBC Awards

  • Bookmaker of the Year (2016~2021 ※6年連続受賞中)
  • Footbal Sportsbook of the Year(2017、2018、2019)
  • Mobile Bookmaker of the Yaer(2017)

SBC Awardsは毎年12月にロンドンで開催されるブックメーカーやカジノ業界のアカデミー賞に位置する名誉ある賞なのですが、bet365はこのSBC Awardsの大賞とも言える「Bookmaker of the Year(Sportsbook of the Year)」を6年連続で受賞しています。

競技別でもFootbal Sportsbook of the Yearを何度も受賞しており、サッカーへのベッティングがメインになる方はこれ以上ない信頼の証と言えるでしょう。

さらにEGR Operator Awardsは毎年11月にロンドンで開催されるe-Gaming業界のアカデミー賞に位置する授賞式なのですが、こちらの受賞式でもbet365は常連。

EGR Operator Awards

  • Sports betting operator(2013~2018、2020)
  • Best Mobile Sports Product(2017、2020)
  • In-play sports operator(2020)

※2019年は受賞リストがネット上で見つからなかったため記載せず

特にモバイルサービス、スポーツベッティングサービスで高い評価を受けており、Sports betting operatorは2013年から連続受賞しています。

 

bet365は本格的にプレーしたい人向けのブックメーカー

bet365がどんな人に向いていて、どんな人に向いていないのかを整理します。

bet365に向いている人

  • ライブベッティングで賭ける人が多い人
  • 細かいオッズでマニアックに賭けたい人
  • 手続きが面倒でも本格的なブックメーカーをプレーしたい人
  • 業界最大手の運営基盤があるブックメーカーがいい人
  • ブックメーカー投資など稼ぎ重視でサイトの機能性を求める人
  • 既にエコペイズ口座を持っている人
  • 既に他ブックメーカーを利用していて、別のブックメーカーに移りたい人

⇒ 中級以上の方、面倒な手続きもクリアできる人にオススメ

bet365に向いていない人

  • 手軽にブックメーカーを始めたい
  • 面倒な手続きや面倒な入金方法は嫌だ
  • エコペイズやアストロペイなど他の決済サービスの口座を作るのが面倒
  • 本人確認で身分証明書を提出したくない
  • とりあえずブックメーカーがどんなものかプレーしてみたい
  • 新規登録ボーナスでブックメーカーを選びたい

⇒ 手軽さ、スピード重視の人は他社へ

手軽さ重視の方はbet365よりSportsbet.io賭けっ子リンリン(旧10Bet Japan)など比較的簡単に入金できるブックメーカーの方が希望に叶うので、そちらを利用しましょう。

bet365は他社と比較して登録ボーナスも見劣りします。入金不要ボーナスもありません。また入金に使用するエコペイズ口座を新規開設する手間がいりますし、面倒な本人確認手続きも必要です。

「それでもいいから、bet365でプレーしたい!」という強いモチベーションを持った人が登録するブックメーカーですので、手軽さ重視の人は素直に他社を利用しましょう。

>> bet365に登録する
-登録5分!最大10,000円分のボーナスが貰える!-

 

日本人に人気のおすすめブックメーカーはこちらの記事に記載しています。キャンペーン情報も記載しておりますので、新規登録の際にご活用ください。

日本人に人気!おすすめブックメーカー|トップ19社を徹底比較
【2022年版】日本人に人気・おすすめの有名海外ブックメーカーの一覧リスト19選です。WilliamHill、10Bet Japan、Sportsbet.io、bet365などの超大手のおなじみブックメーカーに加えて、Pinacle、1Xbet、カジ旅スポーツ、188Betなども紹介。

 

bet365は安全なのか?違法性と危険性について

bet365はマルタゲーミングオーソリティ(委員会)のライセンスを所有し、英国拠点で合法的に運営されている世界最大のオンライン専業ブックメーカーです。

日本国内にも数万人規模のユーザーを抱えており、2021年8月からついに日本語表記にも対応。日本語サポートも完備し、日本円でもプレー可能です。

bet365は日本でのサービス展開が長く、数万人以上の日本ユーザーがいる中で、日本人がbet365の違法性を問われたことは過去1度もありません。

厳密にいうと、日本国内からオンラインカジノやブックメーカーにアクセスしてお金を賭けることは、賭博罪に問われる可能性があります。

ただし日本国内には数十万人~百万人規模のブックメーカーユーザーがいるにも関わらず、過去1人とて日本国内でブックメーカー利用者が逮捕された事例はありません。

日本の法律で海外の合法ライセンスで運営されているブックメーカー本体を摘発することは100%できないので、摘発するとすれば日本国内のユーザーになります。

しかし賭博罪の解釈だと、より罪が重い賭博提供者を摘発できないのに、罪が軽い方の賭博参加者のみを摘発するのは無理があるとも言われていて、法律の専門家でも意見が分かれるなど、今の日本の法律では明確な答えがありません。

以上のことから、「利用はあくまで自己責任」、「どうしてもリスクが気になるなら止めておきましょう、特に気にならないなら自己責任でどうぞ」というのがブクサカ編集部のスタンスです。

日本でのブックメーカーの違法性・合法性について|法律で禁止されてるの?
日本国内における海外ブックメーカー・スポーツベッティングに参加することの違法性/合法性について解説します。結論をいうと、日本では厳密な法律が存在しないためグレーゾーンにあたりますが、日本人が海外ブックメーカーの賭けに参加しただけで違法性を問われ、警察の取締対象になることは基本ありません。

 

bet365の運営会社について

2000年に12名の従業員で創業し、現在はスポーツ・ゲーム事業で5,014人の従業員と世界約6,300万人の顧客を抱える世界最大のオンライン専業ブックメーカーです。

コロナの影響を強く受けたため2019年比で売上高は約8%減少したものの、2020年の売上高は28.1億ポンド(日本円で約4,272億円)と1.94億ポンド(約296億円)を記録した、イングランドプレミアリーグのストーク・シティも所有する巨大企業です。

bet365創業者であり現共同CEOのデニス・コーツ(Denise Coates)は2020年度に日本円で約713億円もの報酬(これは英国史上最大の賃金とも言われる)を稼ぎ、米国経済誌フォーブスの推定によると保有資産は6,700億円(!)と言われています。。

Embed from Getty Images

運営会社名Hillside (Sports)  ENC
ライセンスマルタゲーミングオーソリティ
登録認可番号(MGA/Bc2/531/2018
所在地・Office 1/2373, Level G, Quantum House, 75, Abate Rigord Street, Ta’ Xbiex, XBX 1120, Malta(マルタ)
・Media Way Stoke-on-Trent England ST1 5SZ(イギリス本社)
創業2000年
創業者・現CEODenise Coates(デニス・コーツ)/女性

bet365 基本情報

サイトURLhttps://www.bet365.com/
対応言語英語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語、中国語((繁体・簡体)、ロシア語、ポルトガル語、ポーランド語、ギリシャ語、ルーマニア語、チェコ語、ハンガリー語、スロベニア語、オランダ語など
対応通貨日本円、英ポンド、ユーロ、米ドルなど世界約25通貨
提供サービススポーツ、カジノ、ライブカジノ、ゲーム
対応デバイスPC、モバイル、アプリ(Androidのみ)、タブレット
ライブストリーミング配信あり
キャッシュアウト機能あり
ベッティング規制
(マックスベット規制)
あり
新規登録ボーナスあり(最大1万円分のベットクレジット)
https://extra.bet365.com/promotions/open-account-offer/
会員向けプロモあり
提供マーケット
(スポーツブック)
サッカー、競馬、野球、バスケ、ボクシング/総合格闘技、バレーボール、F1、自転車、ラグビー、アイスホッケー、アメフト、ウィンタースポーツ(アルペンスキー、スキージャンプ、バイスアスロン)、豪フットボール、クリケット、ゴルフ、政治、eスポーツ

 

bet365 記事一覧

bet365

bet365のやり方・始め方|初心者向け・全手順の作業解説

大手スポーツブックメーカー、be365の始め方の全手順を解説します。bet365ではアカウント登録、本人確認、入金、プレー開始という流れで利用し、そのためにはエコペイズ(ecoPayz)での口座開設が必要です。
bet365

bet365の登録方法(日本語版)- 本人確認のステップ1~2まで

ついに日本語対応した世界最大手のブックメーカー、bet365のアカウント新規登録方法と本人確認の手順を解説。スマホ画面でのスクショも掲載し、入力内容例も記載しました。本人確認はSetp1、Step2で写真付きの身分証明書の提出、住所確認書類(公共料金の請求書や住民票など)の提出、郵送での住所確認のやり方を取り上げています。
bet365

bet365のボーナスコードと入金不要ボーナス|最大1万円のベットクレジットの受け取り方

bet365の新規登録向けボーナスオファー、ボーナスコード情報をお伝えします。bet365では最大1万円のベットクレジット(フリーベット)キャンペーンを実施しており、入金不要ボーナスや入金ボーナスといったボーナスコードは日本では提供されていません。
bet365

bet365の入金方法|エコペイズ・クレジットカードに対応

【2021年最新版】bet365の入金方法をご紹介します。入金方法はエコペイズ(ecoPayz)、クレジットカード・デビットカード、アストロペイ(AstroPay)です。また新規入金用のボーナスも掲載し、それぞれの入金申請方法を詳しくご紹介します。
bet365

bet365の賭け方|公式アプリ・ストリーミング中継の視聴方法

ブックメーカー大手bet365のサイトの操作方法、アプリ(アンドロイドとiPhone)、ストリーミング配信、サイトでの実際の賭け方をご紹介します。基本的なサイトの使い方を実際の画面を使って解説します。
bet365

bet365|キャッシュアウト(賭けのキャンセル)のやり方・使い方

bet365のキャッシュアウト(賭けのキャンセル)機能についてご紹介。キャッシュアウトは手動と自動(オートキャッシュアウト)があり、損切り時には手動、利確時には手動と自動の療法を利用できます。bt365の操作画面を使いながら実際のやり方や使い方を解説していきます。
bet365

bet365の出金方法と手数料|エコペイズ・銀行出金

bet365の出金は銀行送金とエコペイズ(ecoPayz)出金の2種類があります。実際の入金操作方法の解説とともに、銀行出金のやり方や出金成功率の高い銀行(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、その他の地銀、ネット銀行、ゆうちょ銀行)、手数料金額、出金反映までの所要時間や日数についての情報も掲載しています。
bet365

bet365の解約・退会方法|アカウント閉鎖前の休止設定も可能

bet365のアカウント解約・退会・閉鎖方法について解説します。bet365ではギャンブル依存症対策として、タイムアウト機能、入金限度額設定、アカウントの一時休止、アカウント閉鎖、解約の処置方法があります。
タイトルとURLをコピーしました