bet365|キャッシュアウト(賭けのキャンセル)のやり方・使い方

bet365のキャッシュアウト記事のアイキャッチ画像

bet365ではキャッシュアウトと呼ばれる、賭けを途中でキャンセルして賭金を現金で払い戻しする機能を利用できます。

スポーツベッティングでは試合中にも「現時点でキャッシュアウトした場合の払戻金額」が常に表示されていて、予想が的中しているときは賭金より多く、予想が外れているときは賭金より少なくなって戻ってきます。

ブックメーカー上級者はこのキャッシュアウト機能を上手に使い、試合終了を待たずに利益を確定させたり、損切りさせたりして利益や損失を上手く調整しているので、ぜひあなたもキャッシュアウト機能を使いこなせるようになってください。

bet365のキャッシュアウトは全部で2種類

bet365では、大まかに下記2種類のキャッシュアウト機能を利用できます。

  1. 手動キャッシュアウト(全額/一部)
  2. オートキャッシュアウト(全額/一部)

手動と自動、それぞれキャッシュアウトする金額は全額/一部金額のみを選べます。キャッシュアウトをどんな場面で、どんな目的で使うのかと言うと、主には

  • 損切りしたいとき
  • 利確(利益確定)したいとき

の2パターン(もちろん間違えてベットしてしまったときのキャンセルにも使えます)。

例えば自分の賭けが外れる可能性が高くなった場面。いまキャッシュアウトすると賭金よりも少ない金額で払い戻しになってしまうが、このまま賭けを続けると損失額がもっと多くなるので、損失が少ないうちに損切りするためにキャッシュアウトを使います。

逆に「今は予想が的中しているが、そのうち展開が変わって予想が外れそう」な時には「いまのうちに利益を確定させる目的」でキャッシュアウトを使います。

利確時には手動キャッシュアウトオートキャッシュアウトのいずれかを使い、損切り時には主に手動キャッシュアウトを利用します。

オートキャッシュアウト機能では利確時のみに利用し、損切り目的では利用できません。また全競技の全オッズでキャッシュアウトを利用できる訳ではない点にも注意。

例えば賭け内容やタイミング(例えば試合終了間際や得点チャンス時、退場者など試合展開の変わり目など)はキャッシュアウトを利用できませんので、その点は注意しておきましょう。

 

手動キャッシュアウトのやり方

bet365にログインした状態でページ上部にある「My bets」を選択します。表示数字は自分が今賭けているベット数を示しています。

左上に「Cash Out」があるのでそれを選択すると、その時点でキャッシュアウト可能なベット明細が表示されます。

賭金全額を通常キャッシュアウトする場合は該当明細の中にある「Cash Out 価格」のボタンをクリック。

bet365のキャッシュアウト操作画面のスクリーンショット

「Cofirm(確認)」の文字が表示されたボタンを再クリックすると全額キャッシュアウトが完了します。

bet365のキャッシュアウト操作画面のスクリーンショット

手動キャッシュアウトで一部金額のみをキャッシュアウトする場合は、「歯車マーク」をクリックして「Partial Cach Out」を選び、キャッシュアウト金額を左右バーで調節し、最後に「Done」を選択。

bet365のPartial Cash Out(一分金額のキャッシュアウト)の操作画面のスクリーンショット

これで一部金額のみのキャッシュアウトが完了です。

 

オートキャッシュアウトは自動損切りには使えない

続いてオートキャッシュアウトです。

オートキャッシュアウトは予めキャッシュアウト金額を設定しておくと、試合展開に応じて設定金額に到達したらキャッシュアウトが自動執行される機能です。

この機能はログアウト状態でもキャッシュアウトが執行されますので、深夜の試合など試合展開をリアルタイムで確認できない場合にもキャッシュアウトを有効化させられる便利な機能です。

ただしこのオートキャッシュアウト、最大の注意点は損切り目的での設定利用ができません。

例えばこちらの5,000円で賭けたベットに対し3,000円で損切り設定しようとすると、5,100円以上の自動設定しかオートキャッシュアウトは使えませんという警告が表示されます。

bet365のAuto Cash Outの最小金額設定のスクリーンショット

例えば2,000円の賭けに対し1,200円を下回ったら自動損切りでオートキャッシュアウトするといった使い方はできず、あくまで「賭金を一定以上上回った場合の自動利確」でのみ利用できるのがbet365のオートキャッシュアウト機能です。

損切りでも自動設定できるようになるとユーザーにとっても便利なのですが、さすがにブックメーカー側からすると利用者には負けて貰わないと利益が出ませんので損切り機能はつけたくないのでしょう。

払い戻しをするときも出来るだけ小さい金額に抑えたいのが本音ですから、まぁこの機能はブックメーカー運営側にとって有利&合理的な内容になってるなぁと思いますね。

 

オートキャッシュアウトの使い方

ページ上部の「My Bets」「Cash Outo」と進み、ベット明細を表示させます。

ベット明細の中にある「歯車マーク」をクリックし、「Auto Cach Out」を選択。さらに全額キャッシュアウトする場合は「the value reaches」に、一部金額のみをキャッシュアウトする場合は「Partially Cach Out」に希望キャッシュアウト金額を入力します。

bet365のAuto Cash Out(自動キャッシュアウト)の操作画面のスクリーンショット

このとき、賭金より少ない金額を入力すると下記のように警告文が表示されます。

bet365のAuto Cash Out(自動キャッシュアウト)の確定操作画面のスクリーンショット

金額を入力できたら、画面下部の「Create Rule」を選択して設定完了です。

 

【2021年版】おすすめブックメーカー22選|日本人に評判のおすすめ人気のスポーツブックメーカーを比較
日本人に人気・おすすめの有名海外ブックメーカーの一覧リスト22選です。WilliamHill、10Bet Japan、Sportsbet.io、bet365などの超大手のおなじみブックメーカーに加えて、Pinacle、1Xbet、カジ旅スポーツ、188Betなども紹介。
タイトルとURLをコピーしました