スポーツベットアイオー|Sportsbet.ioの入金方法 【銀行振込・クレジットカード】

スポーツベットアイオーの入金方法記事のアイキャッチ画像

スポーツベットアイオーでは、日本円を含む各通貨ごとに、大きく6種類の入金方法が提供されています。

日本円

  • 銀行送金
  • Sumo Pay ※銀行振込

仮想通貨

  • 仮想通貨送金(全通貨対応)
  • Bank Transfer Via Gift Card(USDTのみ)
  • Paxful(ビットコインのカード購入/※非推奨)
  • Metamask(イーサリアムウォレット)との接続連携

以前はecoPazy(エコペイズ)、MuchBetter(マッチベター)もスポーツベットアイオーでの入金に利用できましたが、現在は利用できなくなっています。

日本円なら銀行送金、Sumo Pay(相撲Pay)という入金方法を利用できます。どちらも銀行振込による入金ですが、決済システムが異なるため別々の異なる入金方法になっています。

その他、仮想通貨では仮想通貨取引所からの送金、USDT(テザー)であれば日本円による銀行振込で直接USDTウォレットへの入金も可能です。

ちなみにPaxful(パックスフル)という海外の仮想通貨マーケットサイトでのビットコイン購入による入金は、手数料が高額で手続きはかなり面倒なため非推奨です。

この方法を使うぐらいなら、取引所で仮想通貨を購入して送金する方が早くて手数料も安いので、Paxfulを使って入金している人は正直日本ではいないと思います。

またイーサリアムをお持ちの方はMetamask(メタマスク)のウォレットと接続して入金することもできますが、Metamaskユーザーは詳細な解説なしでも利用できるかと思うので、この記事での解説は省略します。

取引通貨ごとに対応している入金方法がこちら。入金手数料は記載がない限り無料です。

アカウント通貨入金方法
日本円
Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の即時銀行振込のロゴ 銀行送金
SumoPay(相撲Pay)のロゴ 相撲Pay(Sumo-pay)
仮想通貨(全通貨)・仮想通貨取引所からの仮想通貨送金
ビットコインPAXFUL(パックスフル)のロゴ
・Paxful (カード・ギフトカードなどでのビットコイン購入)
・手数料が約15%~と高額かつ購入方法が複雑なため非推奨
テザー(USDT)BankTransferViaGiftCardのロゴ
・Bank Transfer Via Gift Card
※日本円での銀行振込で仮想通貨のUSDTウォレットに直接入金

最低・最高入金額の一覧がこちら。よく使用される代表的な通貨のみ記載しています。

最低入金額最高入金額
銀行送金7,000円11,000,000円
SumoPay
(銀行振込)
5,000円
2,000,001円
ビットコイン
0.25 mBTC(送金)
上限なし(送金)
イーサリアム0.005 ETH(送金)上限なし(送金)
テザー(USDT)10USDT(送金)
55USDT(振込)
上限なし(送金)
10,000USDT(振込)

Sportsbet.ioのアカウント登録がまだの方はこちらからどうぞ。

>> Sportsbet.ioに登録する
- 無料登録30秒!匿名でプレイできます -

 

この記事は分量が多いので、以下の目次から気になる入金方法をクリックして該当部分のみお読みいただくこともできます。

日本円でスポーツベットアイオーに入金する方法(どちらの銀行振込で入金するか)

日本円アカウントへの入金方法は以下2種類の銀行振込システムが提供されています。

  • 銀行送金
  • 相撲Pay(SumoPay)

どちらも銀行振込で手数料無料ですが、手短かつ簡易に即時入金したい場合は銀行送金を利用すると良いです。ただし銀行送金は入金元となるオンラインバンキングのアカウントIDが必須です。

銀行送金とSumoPayの主な違いは、入金までの反映時間、最低/最高入金額、そして手動か自動かの振込方法です。

反映時間入金額利用方法
Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の即時銀行振込のロゴ銀行送金即時7,000円(最低)
11,000,000円(最高)
・各銀行のオンラインバンキング
・自動振込
SumoPay(相撲Pay)のロゴSumoPay
(銀行振込)
24時間以内5,000円(最低)
2,000,001円(最高)
・各銀行のオンラインバンキング
・コンビニ・銀行ATM
・手動振込

基本的にどちらを使用しても構いませんが、銀行送金はネット上で必要項目を入力していくと自動振込されて入金まで完了します。

また銀行送金を利用できるのは国内の以下17行のみなので、以下のリストに入っていない地銀などの口座からだと、銀行送金は利用できません(※SumoPayならこれ以外でも利用可能)。

銀行送金を利用できる国内17銀行リスト

  • PayPay銀行(ジャパンネット銀行)
  • 三菱UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • イオン銀行
  • ソニー銀行
  • スルガ銀行
  • 東京スター銀行

一方SumoPayでは指定の銀行口座に自分で振込手続きを行いますので、入金元となる銀行はどこでも対応可能、さらにネットバンク、コンビニ/銀行ATMからでも入金できます。

反映までは24時間以内の表記となっていますが、実際はSumoPayでも数分以内に入金反映されることが多いので、実際は数時間以上かかるケースは少ないです。

ネットバンキングのアカウントを持っていなくて、コンビニATMなどからの手動振込を利用したい場合はSumoPayを利用すると良いと思います。

では銀行送金、SumoPayの具体的な入金操作方法を順番に解説していきます。

 

銀行送金でスポーツベットアイオーに入金する方法

まずSportsbet.ioトップページの画面上の「+入金」の入金ボタンをクリックします。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のスクリーンショット(PC画面)

下記の入金メニューから「現金」と大きく書かれた「Sumo Pay」を選びます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面の銀行送金選択時のスクリーンショット(PC画面)

続いて入金額を入力し、「入金を続ける」を選択。最低入金額は7,000円です。入金額は人によってマチマチですが、当サイト経由での平均的な初回入金額は約3万円~5万円程度

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の入金額の入力画面のスクリーンショット(PC画面)

次にお支払情報で名前、名字を英語(ローマ字)、もしくはカタカナで入力し「入金を続ける」を選択。

このとき名前、名字をカタカナで入力すると途中で操作が止まってしまうケースがあるので、氏名入力はローマ字で入力したほうが操作がスムーズにいきやすいです。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の名前、名字の入力画面のスクリーンショット(PC画面)

これまでの入金概要が表示されるので、「確認する」を選択。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の入金概要の確認画面のスクリーンショット(PC画面)

続く画面で「支払いを続ける」を選択して別画面に遷移(移動)します。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の入金概要の確認画面のスクリーンショット(PC画面)

別サイトに移動したら、支払い方法のうち「購入」を選択し、利用規約に同意して画面下部の「継続する」を選択。支払いは米ドル建てで行います。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の入金手続きの操作画面のスクリーンショット(PC画面)

次に入金元となるご自身の銀行口座がある銀行を選んでください。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の入金手続きの操作画面のスクリーンショット(モバイル画面)

お選びいただいた銀行のネットバンクアカウントにログインします。ここでは楽天銀行を選んでみました。ここで、米ドル為替や手数料が換算された日本円の最終的な振込金額が表示されます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の入金手続きのネットバンクアカウントへのログイン画面のスクリーンショット(PC画面)

この後の作業は各銀行で操作手順が異なりますが、楽天銀行の場合は以下の手順で必要項目を入力しました。

  1. 口座番号の入力、質問の答えを入力
  2. 電話番号の入力
  3. 暗証番号と生年月日の入力
  4. ワンタイムパスワードの入力

全ての入力が完了すると、入金完了メッセージが表示されます。(こちらは1万円入金の場合の入金完了スクショ)

問題なければ画面最下部の「今すぐ交換」を選択。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の入金手続き完了画面のスクリーンショット(PC画面)

これで手続完了。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の入金手続き完了画面のスクリーンショット

スポーツベットアイオーのアカウントにも入金が反映されました。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の入金手反映後のウォレット画面のスクリーンショット

10,000円入金→76.85USD(米ドル換算)→で請求され、最終的に楽天銀行から出金されたのが9,999円、スポーツベットアイオーに入金されたのが10,000円でしたので、多少為替などの影響で1~2円の端数は前後するものと思われます。

 

 

Sumo Pay(相撲Pay)でスポーツベットアイオーに銀行振込で入金する方法

Sumo Pay(相撲Pay)はご自身の銀行口座から直接スポーツベットアイオーに手動で銀行振込みを行って入金する方法です。入金反映まで早ければ数分、長くても30分~1時間程度。振込手数料だけこちら側負担です。

メガバンクやネットバンク、地銀、ゆうちょ銀行など全ての銀行口座で利用でき、ネットバンキング、金融機関のATM、コンビニATMからでも利用できます。

では実際の操作方法について解説します。

まずSportsbet.ioトップページの画面上の「+入金」の入金ボタンをクリックします。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のスクリーンショット(PC画面)

下記の入金メニューから「現金」と大きく書かれた「Sumo Pay」を選びます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のSumoPay(相撲Pay)選択時のスクリーンショット(PC画面)

入金額を入力し、「入金を続ける」を選択。最低入金額は5,000円です。入金額は人によってマチマチですが、当サイト経由での平均的な初回入金額は約3万円~5万円程度です。

もちろん各自お好きな金額を選んでいただいて大丈夫です。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のSumoPay(相撲Pay)での入金額入力画面のスクリーンショット(PC画面)

次の画面で横並びに表示されるイラストアイコンの中から一つクリック

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のSumoPay(相撲Pay)選択時のスクリーンショット(PC画面)

名前、名字、電話番号の入力が終わったら画面下にある「入金を続ける」を選択。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のSumoPay(相撲Pay)での入金操作時のスクリーンショット(PC画面)

さらに次の画面で表示される入金概要の内容に間違いがなければ、「確認する」を選択し、「支払いを続ける」でさらに進みます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のSumoPay(相撲Pay)での入金時のスクリーンショット(PC画面)

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のSumoPay(相撲Pay)での入金時のスクリーンショット(PC画面)

「支払いを続ける」を選ぶとSumo Payの別サイトに飛びます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のSumoPay(相撲Pay)での入金時のスクリーンショット(PC画面)

遷移先で画面下にスクロールしていくと、ネットバンキング・ATM振込の項目が出てきます。

振込先の口座として以下の銀行口座が用意されておりますので、この中から振込先に指定したい銀行をお選びください。

  • SMBC(三井住友銀行)
  • 楽天銀行
  • PayPay銀行
  • その他

振込元と振込先を同じ銀行同士にしておけば振込手数料が無料になるので、できるだけ銀行は統一しておくと良いでしょう。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のSumoPay(相撲Pay)での振込先の銀行口座選択画面のスクリーンショット(PC画面)

次に画面で表示される指定口座に、ご自身の銀行口座から入金額を振り込みます。振り込みはネットバンキング、ATM、銀行窓口からでも行えます。

例えばこちらはSMBC(三井住友銀行)の振込先情報画面です。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のSumoPay(相撲Pay)での振込先のSMBC(三井住友銀行)銀行口座情報の表示画面のスクリーンショット(PC画面)

三井住友、楽天銀行の口座情報がこちら。変更される可能性があるので、必ず画面上でご確認ください。

SMBC/三井住友銀行の振込先口座情報
※変更の可能性あり/要確認
銀行名三井住友銀行
支店名日暮里支店(647)
口座番号8638013
振込先名義株式会社 アイ・シー・シー・エス
楽天銀行の振込先口座情報
※変更の可能性あり/要確認
銀行名楽天銀行
支店名 第三営業支店(253)
口座番号7225907
振込先名義株式会社Blessed
PayPay銀行の振込先口座情報
※変更の可能性あり/要確認
銀行名PayPay銀行
支店名ビジネス営業部(005)
口座番号5915904
振込先名義株式会社SSG

画面にも案内がある通り、振込時の依頼人名(振込人名義)の欄はご自身の名前+指定の英数字コードを入力して振込してください!

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金操作画面のSumoPay(相撲Pay)での振込人名の表示画面のスクリーンショット

依頼人名(振込人名義)の入力例:タナカタロウA1-**********

また、振込内容や概要欄にもスポーツベットアイオー(Sportsbet.io)などのブランド名は一切入力しないでください。

振込手続きが終わると、間もなくアカウントに入金が反映されます。公式サイトの案内だと入金反映まで24時間以内となっていますが、平日に振込をしたところ30分~1時間程度で反映されました。

出入金に関するご不明点やトラブルなどがあった際は、よくある質問を御覧いただくか、公式サイト上のオンラインライブチャットをご利用ください。(日本語で利用可、英語のオペレーターに繋がった場合は、「Japanese please」とお書きください。

 

仮想通貨でスポーツベットアイオーに入金する方法

スポーツベットアイオーで仮想通貨入金する方法は以下の2つ。

  1. 仮想通貨送金で入金する方法
  2. 仮想通貨(ビットコイン)を購入して入金する方法(※非推奨)

仮想通貨で入金するなら「1」の送金が一般的。

「2」の仮想通貨購入は手数料が非常に高額で、購入のための手間や手続きの面倒さがあって、初心者にはハードルが高いです。

仮想通貨購入に利用するのはスポーツベットアイオーが提携しているPAXFULというサイトなのですが、このサイトは仮想通貨をユーザー同士で直接売買できる「仮想通貨版メルカリ」のようなサイトなんです。

仮想通貨を購入する際は、海外の一般ユーザーと直接チャットで英語等で交渉するなど非常に手間がかかりますし、仮想通貨や英語に不慣れな方にとっては手軽に利用できるとは言いづらいサイトです。

さらに購入手数料は約20%ほどと高額ですので、仮想通貨で入金する場合は、仮想通貨取引所でビットコインなどの通貨を購入し、そこからスポーツベットアイオーのアカウント宛に送金する方が安くて確実で早いと思います。

ではそれぞれの具体的な入金手順を見ていきましょう。

 

仮想通貨送金で入金する方法

bitFlyerやGMOコイン、バイナンスなどの仮想通貨取引所、あるいはエコペイズやSTICPAY、AstroPayなどのビットコイン対応Eウォレットから仮想通貨を送金して入金する方法です。

スポーツベットアイオーで入金できる仮想通貨アカウントは全部で9種類。

  • ビットコイン(BTC)
  • オールスポーツ(SOC)
  • テザー(USDT)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • トロン(TRX)
  • リップル(XRP)
  • カルダノ(ADA)
  • ドージコイン(DOGE)

これらスポーツベットアイオーの各仮想通貨アカウント宛に直接入金することができます。

入金したい仮想通貨アカウントから「+入金」の緑色のボタンをクリックし、下記画面を開いて「あなたのウォレットアドレス」にあるアドレスをコピーします。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のビットコインアドレスの表示画面のスクリーンショット

上でコピーしたアドレスを、出金元の仮想通貨取引所アカウントで送付先に入力し、出金申請を行います。

出金元アカウントでの出金申請のやり方は仮想通貨取引所ごとに異なりますが、bitFlyerやGMOコインなどのアカウントページから、「入出金」の「送付」で送付先アドレスを登録し、送付量を指定して仮想通貨を送付します。

bitFlyerなどの日本国内の仮想通貨取引所から仮想通貨を送金する際、2022年4月から施行されたトラベルルールの影響で、送金資金の受取人情報を仮想通貨取引所に提供しなければなりません。

スポーツベットアイオーへ送金する際も事前に外部ビットコインアドレスとして送金先のアドレスを取引所で登録しておく必要があり、登録の際は以下の2つを指定してください。

  • 登録時の受取人:お客様本人
  • 送信先:プライベートウォレット

バイナンスなど海外の仮想通貨取引所であればトラベルルールはありません。受取人情報を明記することなく、仮想通貨をスポーツベットアイオーに送金できます。

送付確定後、まもなくスポーツベットアイオー側の仮想通貨アカウントに入金が反映されます。これで仮想通貨送付による入金が完了です!

出入金に関するご不明点やトラブルなどがあった際は、よくある質問を御覧いただくか、公式サイト上のオンラインライブチャットをご利用ください。(日本語で利用可、英語のオペレーターに繋がった場合は、「Japanese please」とお書きください。

クレジットカードでビットコイン購入して入金する方法

PAXFUL(パックスフル)のロゴ

スポーツベットアイオーでは仮想通貨を提携サイトで購入し、そのまま仮想通貨アカウントに入金することが出来ます。

スポーツベットアイオー入金の場合、購入できる仮想通貨はビットコインのみで、利用するのはPAXFUL(パックスフル)というユーザー間同士で仮想通貨を売買できるプラットフォームサイトです。

しかし前述の通り、パックスフルは手数料が非常に高額で、海外ユーザーと直接チャットで取引する必要があるなど利用のハードルが高いため、これを使ってスポーツベットアイオーに入金する日本人って本当にいるのかな?と思うほどです。

ちなみにパックスフルは利用できる支払い方法が多彩で、カード購入、銀行振込、LINEペイ、PayPalの他、様々なギフトカードでの支払いが可能です。

PAXFULでの支払いに利用できる主なギフトカード

  • Apple Storeギフトカード
  • Apple ギフトカード(USのみ)
  • Google Playギフトカード
  • iTunesギフトカード
  • Amazonギフトカード
  • Nintendo eShopデジタルカード(ギフトカード)
  • PlayStation Network ギフトカード

ここで購入した仮想通貨はそのまま仮想通貨ウォレットでプレーしても良いですし、日本円や別の仮想通貨ウォレットに移動させることもできます。例えばスポーツベットアイオーは1アカウント内に複数の通貨アカウントを同時所有できるので、

  1. ビットコインをカードで購入
  2. そのビットコイン残高を日本円アカウントや別の暗号通貨アカウントに移動(ウォレット間送金)させる

といったスポーツベットアイオー内のウォレット移動も可能ですし、あるいは

  1. カードでビットコインを購入
  2. 購入したビットコインを他のブックメーカー宛に送金して入金する

といった取引所としての使い方もできます。

bitFlyerやバイナンスなどの取引所アカウントを持っていない方でも、スポーツベットアイオーのアカウントがあれば仮想通貨を使った出入金にご利用いただけます。

ただし仮想通貨の購入額は一般の取引所での購入価格よりもやや割高なので、手数料に敏感な方は別の仮想通貨取引所で購入したものを送金する方法をオススメします。

 

PAXFULでビットコイン購入・入金する手順

それではPAXFUL(パックスフル)でビットコインを購入して入金する方法をご紹介します。

入金の際は予め「通貨を通貨/削除する」から利用したい仮想通貨のウォレットを追加してください。ここではビットコインアカウントを追加します。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)の新通貨アカウントの追加ボタンのスクリーンショット(PC画面)

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のアカウント追加操作時のスクリーンショット(PC画面)

ご自身のウォレット画面でビットコインなどの仮想通貨アカウントを有効化させ、Paxfulでビットコインを購入するのメニューから「ビットコインを購入する」を選択。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)でのPaxful(パックスフル)操作画面のスクリーンショット(PC画面)

リンクを押すとパックスフルサイトに移動しますので、ここで購入金額を入力します。購入金額は日本円、ビットコイン建てのいずれかで入力し、ログインを選択。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)でのPaxful(パックスフル)の購入金額入力画面のスクリーンショット(PC画面)

初回利用時の方は初回のみ会員登録を行い、既にアカウントをお持ちの方はメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)でのPaxful(パックスフル)操作画面のスクリーンショット(PC画面)

アカウントにログインすると、支払い方法の選択画面が表示されます。大カテゴリーでは

  • 銀行振込
  • オンラインウォレット
  • デビットカード/クレジットカード
  • ギフトカード
  • 現金払い

が用意されていて、この中から指定のお好きな支払い方法をお選びいただけます。

以下はデビットカード/クレジットカードを選択した際の画面ですが、画面上に表記されているパーセンテージの数字が手数料、その横の数字が最終入金額となります。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)でのPaxful(パックスフル)の支払い方法選択画面のスクリーンショット(PC画面)

ご覧頂くと分かる通り、1万円のビットコイン購入に対して最終受取額は8,329円しかありません。この受取額はその時々によって変動するため、最終受取額がもっと多い場合もありますが、基本的には他の購入手段とくらべて手数料が非常に高いという認識で間違いないです。

その他の支払い方法で見ても最終受取額は低く、様々なギフトカードで支払いができる一方、購入レートでみると割が悪いと言わざるを得ません。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)でのPaxful(パックスフル)の支払い方法選択画面のスクリーンショット(PC画面)

支払い方法を選択すると、その購入希望に合った条件で出品している一般ユーザーのオファーが表示されます。オファー内容が気に入らなければ「オファーを変更」をクリックして別の出品者を探してください。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)でのPaxful(パックスフル)のオファー画面のスクリーンショット(PC画面)

問題なければ「認証を受ける」をクリックし、メールアドレスの認証、電話番号のを行います。出品ユーザーによっては、本人確認完了後のアカウントとしか売買しない場合もありますので、その場合は身分証明書の提出が必要になります。

認証が既に完了している場合は画面下部の「取引を始める」をクリックし、ユーザーと直接売買を行うチャット画面に入ります。

ここで直接出品者とチャットでメッセージ交換を行い、クレジットカードで購入の場合、カード番号をチャット上で提出し、購入金額の支払いを完了させてください。

Paxful(パックスフル)での取引画面のスクリーンショット(PC画面)

ここではベトナムのユーザーと繋がりましたが、相当慣れているユーザーでないと直接やりとりのハードルは高いように感じました。

また見ず知らずの海外のユーザー相手に自分のカード番号を提出するのも、心理的に抵抗があるが正直なところで、この入金方法を日本で利用しているユーザーは極小数ではないか?と思うほど、利便性は悪いです。

相手との取引が完了すると、先方が購入分のビットコインを開放しますので、スポーツベットアイオー側のアカウントに入金が反映されます。

出入金に関するご不明点やトラブルなどがあった際は、よくある質問を御覧いただくか、公式サイト上のオンラインライブチャットをご利用ください。(日本語で利用可、英語のオペレーターに繋がった場合は、「Japanese please」とお書きください。

日本円でUSDTウォレットに銀行振込で入金する方法/Bank Transfer Via Gift Card

BankTransferViaGiftCardのロゴ

テザー(USDT)への振込入金は、日本円ウォレットへの銀行送金と全く同じシステム(Bank Transfer Via Gift Card)を使用します。

銀行送金でUSDTへ入金できるのは国内の以下17行からのみなので、以下のリストに入っていない銀行からは利用できません。

銀行送金を利用できる国内17銀行リスト

  • PayPay銀行(ジャパンネット銀行)
  • 三菱UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • イオン銀行
  • ソニー銀行
  • スルガ銀行
  • 東京スター銀行

入金の際は予め「通貨を通貨/削除する」から、テザー(USDT)にチェックを入れて、ウォレットを有効化させておきます。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)の新通貨アカウントの追加ボタンのスクリーンショット(PC画面)

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のアカウント追加操作時のスクリーンショット(PC画面)

ウォレット画面に戻って、画面中央にある「Bank Transferを使用して入出金をする」という項目から「入金」を選びます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のUSDTへの銀行送金操作時のスクリーンショット(PC画面)

次に入金額をUSDT単位で入力します。テザーは米ドル連動のステーブルコインですので、1USDT=1米ドルで換算。入金最低額は55USDT、最高額が10,000USDTです。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のUSDTへの銀行送金の入金額入力画面のスクリーンショット(PC画面)

次に名前、名字をローマ字で入力します。

サイト上では「英語またはカタカナ」での入力との記載がありますが、カタカナだと手続きが途中で止まってしまう不具合が出ているので、名前と名字はローマ字で入力してください。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のUSDTへの銀行送金の操作画面のスクリーンショット(PC画面)

最後に入金額の確認です。1USDTの日本円レートとUSTD入金額が表示されますので、問題なければ「確認」をクリック。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のUSDTへの銀行送金の操作画面のスクリーンショット(PC画面)

続く画面で「支払いを続ける」を選択。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行送金の入金概要の確認画面のスクリーンショット(PC画面)

別サイトに遷移しますので、「購入」を選択して「継続する」を選びます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のUSDTへの銀行送金の操作画面のスクリーンショット

入金元となるご自身の銀行を選びます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のUSDTへの銀行送金の操作画面のスクリーンショット

指定した銀行のネットバンクのアカウントにログインします。ここでは楽天銀行を選択しましたが、この画面上で日本円での振込金額を確認できます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のUSDTへの銀行送金の操作画面のスクリーンショット

この後の作業は各銀行で操作手順、入力内容が異なりますが、楽天銀行の場合は以下の手順で必要項目を入力しました。

  1. 口座番号の入力、質問の答えを入力
  2. 電話番号の入力
  3. 暗証番号と生年月日の入力
  4. ワンタイムパスワードの入力

各ネットバンクアカウントの所有者確認のための操作入力が中心です。

全ての入力が完了すると、入金完了メッセージが表示されて入金が完了。スポーツベットアイオーのアカウントでも入金が反映されます。

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のUSDTの入金反映画面のスクリーンショット

これでUSDT入金が完了しました。

タイトルとURLをコピーしました