日本からも参加OK!ブックメーカーのやり方・始め方

ブックメーカーの始め方のTOP画像

この記事では海外ブックメーカーを初めてみたいという方を対象に、ブックメーカーの始め方をガイドライン形式で紹介しています。

ブックメーカーは18歳以上であれば誰でも日本から参加可能で、日本語表記で日本円で利用することができます。

「ブックメーカーをやってみたいけど何からやればいいか全く分からない」という人は、この記事の通りに作業をして頂くと所要時間1時間程度で賭けをスタートさせることが出来ます。

ブックメーカーのやり方・始め方

日本からブックメーカーをプレーするには、こちらの4ステップを踏む必要があります。

  1. ブックメーカーに登録する
  2. ブックメーカーに入金する
  3. ブックメーカーでプレーする
  4. ブックメーカーから出金する

理屈は単純で、ブックメーカーを選んで登録して、入金して賭けをプレーして、儲かったら出金です。

詳しくは後ほど解説しますが、実はブックメーカーは入金方法が少し複雑なため、ここをクリアできればあとは超簡単です。

 

① ブックメーカーに登録する

まずどこかのブックメーカーに登録してアカウントを作りましょう。

日本語未対応の海外大手ブックメーカーを含めると多種多様なブックメーカーがあるのですが、日本ユーザーが多く利用している有名どころで言うと、

  • WilliamHill(ウィリアムヒル)
  • 10Bet Japan(テンベットジャパン)
  • sportsbet.io(スポーツベットアイオー)
  • Pinacle(ピナクル)

この4つです。いずれも日本語表記あり、日本円でのプレーが可能です。

これからブックメーカーをプレーする初心者であれば、知名度が高く上場企業でもある老舗のウィリアムヒルか、日本人向けのサービス運営に特化している10Bet Japanのどちらかから登録すると良いでしょう。

ピナクルは上級者向けのブックメーカーで出金条件が複雑ですし、スポーツベットアイオーも仮想通貨でプレーできるなど多機能性が売りなのですが、初心者は多機能性よりも最初は分かりやすさ重視の方が使いやすいと思います。

ちなみに当サイトからの登録者は断然ウィリアムヒルが多いです。

ウィリアムヒルは日本でも知名度が高く、英国上場企業で老舗のためサービス面が安定していること、日本人スタッフによる日本語サポートが充実している点がその理由です。

ウィリアムヒルのサイトトップページのスクリーンショット

⇒ ウィリアムヒル-Wiiliam HILL-【公式】

10Bet Japanも利用者が多くて使いやすいのですが、どちらかというと「ある程度ブックメーカー(ウィリアムヒル)に慣れてきた人が2つ目に使うサイト」というイメージがありますね。

10Bet Japanの登録LPのスクリーンショット
⇒ 10Bet Japan【公式】

■ブックメーカーの登録方法

 

② ブックメーカーに入金する

アカウント登録が済んだら次はブックメーカーへの入金です。

ブックメーカーの入金手段は通常、

  • クレジットカード/デビットカード
  • ecoPayz(エコペイズ)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • ビットコインなどの仮想通貨送金

このどれかを利用します。

利用できる入金方法は各ブックメーカーにより異なりますが、初心者の方にはブックメーカーの出入金手段として一番利用頻度が高いエコペイズ入金がオススメです。

ちなみに日本人ユーザーが非常に多いウィリアムヒルと10Bet Japanの全入金手段がこちらです。

ウィリアムヒル 10Bet Japan
クレジットカード
デビットカード
エコペイズ
STICPAY ×
ビットコイン ×
その他の仮想通貨 × ×

本当はクレジットカード/デビットカード入金が一番便利なのですが、残念ながら日本発行カードでブックメーカー入金に使えるものは極一部しかないので、入金手段としてはあまり使えません。

日本では金融機関の規制によりクレジット/デビットカードで直接入金できないことが多いため、エコペイズやSTICPAYという中間決済口座を間に挟んで入金作業を行うのが一般的。

エコペイズ?STICPAY?

皆さん聞き慣れない言葉かと思うのですが、エコペイズやSTICPAYは欧米で企業間取引にも使われている世界的なオンライン決済方法サービスのことで、いわゆるオンライン上の銀行口座みたいなものです。

例えばウィリアムヒルに入金するときは、下記画像のように「銀行振込→エコペイズ→ブックメーカー」という流れでお金を移動させます。

ウィリアムヒルのお金の流れを示した全体利用イラスト

エコペイズはウィリアムヒル、10Bet Japanを含めたほぼ全てのブックメーカーで利用できる出入金手段なので、初心者の方はエコペイズ入金のための準備から進めましょう。

具体的には、①エコペイズ公式サイトで新規口座を開設、②銀行振込でエコペイズに入金、③ブックメーカーに入金、という順序でという一連の作業を行います。

■エコペイズの利用方法

■ブックメーカーへの入金方法

 

③ ブックメーカーでプレーする

ブックメーカーに入金できたら、お好きなスポーツに賭けてスポーツベッティングを楽しんでください。

ブックメーカーではサッカー、テニス、野球、ラグビーなど世界中の様々なスポーツ競技が賭けの対象になっており、日本プロ野球12球団など、世界中のお好きなスポーツでプレーを楽しむことができます。

例えばサッカーだとプレミアリーグやチャンピオンズリーグといった欧州サッカー、Jリーグ(J1~J3)、ACL、なでしこリーグにも賭けることができ、勝敗予想だけでなく得点やイエローカード、コーナーキックなど、多種多様な賭け方ができます。

サッカーの具体的な賭け方についてはこちらを御覧ください。

【ブックメーカー必勝法】サッカーでの稼ぎ方

ウィリアムヒルの賭け方、サイト操作や賭けのキャンセル(キャッシュイン)についてはこちら。

 

④ ブックメーカーから出金する

ブックメーカーでのプレーに勝てたら儲けを出金します。

具体的な出金手段は入金手段と同じで、やはり利用できる手段は各ブックメーカーで異なります。

例えばこちらはウィリアムヒルと10Bet Japanで対応している出金手段の一覧です。

ウィリアムヒル 10Bet Japan
エコペイズ
STICPAY ×
ビットコイン ×
その他の仮想通貨 × ×

入金時と同じ理屈で、「ブックメーカー → 中間決済口座 → 個人の銀行口座」という全く逆の流れで資金を移動させます。

ウィリアムヒルのお金の流れを示した全体利用イラスト

実際の出金方法は、①ブックメーカー(ウィリアムヒル、10Bet Japan)からエコペイズに出金、②エコペイズから個人の銀行口座に出金、という2段階で行います。

エコペイズ以外でもSTICPAYなど便利な中間決済口座はありますが、やはり全ブックメーカーで採用されているエコペイズが最もオーソドックスで使いやすいため、初心者の方はエコペイズから利用するのがオススメです。

■ブックメーカーからの出金方法

 

ブックメーカーのやり方・始め方の「まとめ」

以上のように、ブックメーカーを始め方は登録、入金、プレー、出金という4ステップで構成されています。

日本人向けのブックメーカーは様々ありますが、初心者が使いやすいのはウィリアムヒルか10Bet Japanのどちらか、出入金時に利用する中間決済口座はエコペイズがおすすめです。

最後にウィリアムヒルを始め方の全作業をご紹介しておきます。

下記の記事を一つ一つ読み進めながら作業を進めて頂くと、スムーズにブックメーカーを始められるので、ぜひ参考にしてみてください!

ウィリアムヒルの始め方

  1. ウィリアムヒルに登録する
  2. エコペイズに登録する
  3. エコペイズに入金する
  4. ウィリアムヒルに入金する
  5. ウィリアムヒルで賭けをプレーする
  6. ウィリアムヒルから出金する
  7. エコペイズから出金する

 

タイトルとURLをコピーしました