ブックメーカーの始め方~登録方法【初心者でも分かる4ステップ】

ブックメーカーの始め方のアイキャッチ画像

この記事では海外ブックメーカーを初めてみたいという方を対象に、ブックメーカーの始め方をガイドライン形式で紹介しています。

ブックメーカーは18歳以上であれば誰でも日本国内から参加可能で、日本語表記・日本円でJリーグはもちろん、欧州サッカー、競馬、野球など世界中のスポーツで賭けを楽しむことができます。

「ブックメーカーをやってみたいけど何からやればいいか全く分からない」という人は、この記事の通りに作業をして頂くと所要時間1時間程度で賭けをスタートさせることが出来ます。

ブックメーカーのやり方・始め方

日本からブックメーカーでプレーするには、こちらの4ステップを踏む必要があります。

  1. 登録する
  2. 入金する
  3. プレーする
  4. 出金する

詳しくは後ほど解説しますが、ブックメーカーによっては入金方法が少し複雑なところもあるので、初心者の方はできるだけ手軽に始められるところを選びましょう。

 

① ブックメーカーに登録する

まずブックメーカーに登録してアカウントを作ります。

様々あるブックメーカーからどれを選べばよいか迷ってしまいますが、初心者の方であれば日本語・日本円対応で日本語でのサポートが受けられるところが良いです。

日本人ユーザーが多い有名ブックメーカーでいうと、

  • WilliamHill(ウィリアムヒル)
  • 10Bet Japan(テンベットジャパン)
  • sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

この3つです。いずれも日本語表記、日本円でのプレーが可能で、トラブル時は日本人による日本語サポートも受けることが出来ます。

この中でも日本人向けにサービス運営を特化させている10Bet Japanも、サイトが使いやすく、出入金の手段が豊富で人気が高いです。

当サイト経由での登録者は10ドルボーナスがもらえるキャンペーンを実施しています。ぜひご利用ください。

10Bet Japanのトップページのスクリーンショット(2020年、PC画面)

あるいは匿名アカウントOK、銀行振込で即時入金できる手軽さが売りのSportsbet.ioも人気です。事前準備なし、アカウント登録から15分でプレー開始できます。

Sportsbet.ioのトップページ(PC)

Sportsbet.ioは匿名プレイOKですが、他ブックメーカーでは登録時に氏名、年齢、住所などを入力します。そこでの偽名、偽情報での登録は絶対にやめましょう。

ブックメーカーでは住所や氏名などが記載された書類を提出する本人確認があるで、偽情報で登録すると資金を出金できなくなるからです。

 

② ブックメーカーに入金する

アカウント登録後はブックメーカーへの入金です。ブックメーカーの入金手段は

  • クレジットカード/デビットカード
  • 銀行振込
  • ecoPayz(エコペイズ)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • 仮想通貨送金(ビットコインなど)

を利用します。

利用できる入金方法は各ブックメーカーにより異なりますが、初心者の方はカード入金銀行振込が手軽でオススメです。

カード入金の成功率が高いのは10Bet Japan、銀行振込が使えるのはSportsbet.ioですので、初心者の方はこのどちらかに登録すると良いでしょう。

 

ecoPayz、STICPAYなどの入金方法について

カード入金に対応しているブックメーカーは沢山あるのですが、残念ながら日本発行のカードは海外ギャンブルサイトへの使用を規制している影響で、実際には利用できないブックメーカーが多いです。

そのためカード入金成功率が高い10Bet Japan、銀行振込が使えるSportsbet.io以外のブックメーカーを利用する場合、ecoPayzやSTICPAYというオンライン決済口座を経由して入金するのが一般的となっています。

ecoPayz?STICPAY?

皆さん聞き慣れない言葉かと思うのですが、ecoPayzやSTICPAYは様々な通貨口座を持てるオンライン決済方法サービスのことで、いわゆるオンライン上の銀行口座みたいなものです。

例えばWilliamHillに入金するときは、下記画像のように「銀行振込→ecoPayz→ブックメーカー」という流れで、自分の銀行口座から銀行振込やクレジットカードから中間のオンライン口座に入金し、さらにそこからブックメーカーに資金を移動させます。

ウィリアムヒルのお金の流れを示した全体利用イラスト

ecoPayzはWilliamHill、10Bet Japanを含めたほぼ全てのブックメーカーで利用できる万能な出入金手段なので、ブックメーカーを長く利用する方は遅かれ早かれecoPayzを利用することになると思います。

実際にecoPayzを利用するには、

という順序でひとまずecoPayzに資金を移動させ、さらにecoPayzからブックメーカーに資金を移動させます。

ブックメーカーを始めるにはどれぐらいの軍資金が必要?

ブックメーカーを始めるとき、どれぐらいの予算や軍資金が必要か?という質問もよく受けるのですが、極論最低3,000円ぐらいあればブックメーカーでプレー可能です。

ただし3,000円というのは最低入金額ギリギリの金額ですので、実際にブックメーカーを始める方は最低でも2~5万を入金してプレーしている方が大半です。

上級者ですと1回で数十万円を入金する方もいますが、さすがに初心者はハードルが高いと思うので、まぁ最初は2~3万円ぐらいが平均的なところかなと思います。

ちなみに予算があまりに少ないとすぐに使い切ってしまいますし、100円、200円など賭金があまりに少額すぎても賭けが全然面白くないので辞めた方がいいです。

何より何度も出入金すると手数料がもったいないので、やはり数万円程度のまとまった資金を最初に入れる方が結果的に手数料を節約できると思います。

 

③ ブックメーカーでプレーする

J1の浦和レッズ×横浜FマリノスのDAZN中継を移したパソコンと、Sportsbet.ioでのライブベット画面を移したスマートフォン

ブックメーカーに入金できたら、お好きなスポーツに賭けてスポーツベッティングを楽しんでください。

ブックメーカーではサッカー、テニス、野球、ラグビーなど世界中の様々なスポーツ競技が賭けの対象になっており、日本プロ野球12球団など、世界中のお好きなスポーツでプレーを楽しむことができます。

例えばサッカーだとプレミアリーグやチャンピオンズリーグといった欧州サッカー、Jリーグ(J1~J3)、ACL、なでしこリーグにも賭けることができ、勝敗予想だけでなく得点やイエローカード、コーナーキックなど、多種多様な賭け方ができます。

 

④ ブックメーカーから出金する

ブックメーカーでのプレーに勝てたら儲けを出金します。具体的な出金手段は入金手段と同じで、やはり利用できる手段は各ブックメーカーで異なります。

例えばこちらはWilliamHillと10Bet Japan、Sportsbet.ioで対応している出金手段の一覧です。

ecoPayz
STICPAY×
仮想通貨×
銀行送金××

Sportsbet.ioなら自分の銀行口座に直接出金できます。

10Bet Japan、WilliamHillでは「ブックメーカー → 中間決済口座 → 個人の銀行口座」という入金時とは全く逆の流れで資金を移動させます。

ウィリアムヒルのお金の流れを示した全体利用イラスト

実際の出金方法は、①ブックメーカー(WilliamHill、10Bet Japan)からecoPay(もしくはSTICPAY)に出金、②ecoPayzから個人の銀行口座に出金、という2段階で行います。

 

ブックメーカーのやり方・始め方の「まとめ」

ブックメーカーを始めるときは、

  1. 登録
  2. 入金
  3. プレー
  4. 出金

という4ステップで構成されています。

日本人向けのブックメーカーは様々ありますが、初心者が使いやすいのは銀行振込で出入金出来るSportsbet.io、カード入金の成功率が高い10Bet Japanです。

 

タイトルとURLをコピーしました