超初心者向けに解説!ブックメーカーの始め方

ブックメーカーの始め方のTOP画像

この記事では欧州サッカー観戦が趣味で海外ブックメーカーを初めてみたいという方を対象に、ブックメーカーの始め方の全手順をガイドライン形式で紹介しています。

「ブックメーカーをやってみたいけど何も分からない」という人でも、この記事の通りに作業をして頂ければ、所要時間30分~1時間程度で賭けをスタートさせることが出来ます。

必要手順は全てスクリーンショット付きで解説しているので、迷うことなく一気に作業を進められるはずです。

作業はスマホからでもOK、日本語表記のサイトばかりです。ぜひこの記事を活用して念願のブックメーカーデビューを飾ってください!

 

ブックメーカーの始め方【全体イメージを掴もう!】

【重要】2018年8月17日追記

この記事で紹介しているエントロペイ(entoopay)が、日本におけるサービスを完全停止してしまいました。

現在は新規口座の受付も停止し、クレジットカード入金停止の措置がとられているため、現在日本ではエントロペイは利用できません。

新しい出入金方法については、各ブックメーカーが協議を重ねている状況のため、新しい情報が入り次第当サイトでもご紹介する予定です。

 


 

まず日本でブックメーカーを利用するための全体像を示した、こちらのイラストを御覧ください。矢印はお金の動きを意味しています。

ブックメーカー利用の全体イメージのイラスト

2018年現在、日本ではブックメーカーに直接お金を入れる手段はごく一部に限られています。

そのため、手元のお金をブックメーカーに移すときは「エントロペイ(entropay)」という中間決済口座を挟み、そこを経由してブックメーカーに出入金をするのが主流です。

ブックメーカーに入金する時はこのようなイメージになります。

クレジット/デビットカード→エントロペイ→ブックメーカー(イラスト)

お手持ちのクレジットカード、デビットカード、銀行振込でエントロペイに入金し、そこから各ブックメーカーへ入金します。

クレジット/デビットカードなら即時入金が可能で、ブックメーカーの入金反映まで数分程度で完了します。

クレジットカードでブックメーカーに直接入金できるのですが、日本発行のクレジットカードでは9割以上が入金に失敗します。

直接入金できるクレジットカードは希少なので、入金の際はやはりエントロペイ経由が確実です。

つまり、私たちがブックメーカーで遊ぶ体制を整えるためには、

  1. ブックメーカーに登録する
  2. エントロペイに登録する
  3. エントロペイに入金する
  4. エントロペイからブックメーカーに入金する

この4つの作業が必要だということ!

で、これら全作業は30分~1時間もあれば余裕で終わる簡単なものです。この作業さえ終えてしまえば、後はブックメーカーですぐに賭けを楽しむことが出来ますよ。

最初は複雑に見えるかもしれませんが、慣れてしまえば超簡単な作業なので、全く心配する必要はありません。

これから具体的な手順をこれから説明していきますが、誰でも迷わず実践できるよう、画像付きで解説してますので、安心して付いてきて下さい!

実は2018年の前半まではエントロペイではなく、エコペイズ(ecoPayz)という似たような中間決済口座を使うのがブックメーカーユーザーの常識でした。

しかしエコペイズは2018年5月に大部分の機能が停止され、クレジットカード入金もできなくなり、日本のコンビニATMからの出金機能も完全に停止。

ブックメーカーユーザーにとっては利用価値がなくなり、代替手段としてエントロペイが主流になったという経緯があります。

ネット上にはエコペイズに関する古い情報が今なお掲載されていますが、2018年6月現在では当サイトで紹介しているエントロペイを使った出入金が主流になっている点にご注意ください。

 

利用するブックメーカーを決めて登録しよう!

海外ブックメーカーというと

  • William Hill
  • Pinnacle
  • 10bet Japan
  • bet365
  • bwin

など様々ありますが、初めてブックメーカーを利用する人であればウィリアムヒル即決でOK。

日本ではウィリアムヒルからブックメーカーデビューするのスタンダードですし、私も未だにウィリアムヒルをメインで使っています。

ウィリアムヒルは日本市場を重要視しており、日本語表記サイト、日本円の利用、日本人3名の常駐スタッフによるサポート、出入金トラブルへの迅速な対応で定評がある最大手のブックメーカーです。

後ほど詳しく紹介しますが、ウィリアムヒルならエントロペイの手数料が4.95%→2%に割引になる金銭的メリットもあるんで、最初は迷いなくウィリアムヒルを選んで良いと思います。

ご登録は以下の公式サイトから!

ウィリアムヒル<公式>

具体的な登録方法はこちらの記事にて解説していますので、この記事を見ながら登録してもらうとスムーズです。

 

エントロペイに口座を開設し入金する

エントロペイのTOP画像

次に、ブックメーカーと出入金をするにはエントロペイという中間決済口座が必要です。

ここではエントロペイの

この3つの作業を行います。総作業時間の目安は約20分~30分ほど。

具体的な手順は上のリンク先で解説していますので、まずはこちらを全て済ませて下さい。これら3つの作業が全て終わったら、次のステップに進みます。

 

ウィリアムヒルに入金

ウィリアムヒルの入金イラスト

エントロペイで準備が整ったら、いよいよエントロペイからウィリアムヒルに入金します。

入金申請はウィリアムヒル側で行い、入金作業は2分もあれば完了、すぐに入金が反映されますよ。

これさえ終われば、ウィリアムヒルでスポーツベッティングが出来る状態になります!

 

ウィリアムヒルでサッカーに賭けよう!

ロシアワールドカップに向けたスポーツベッティング

ウィリアムヒルに入金が済んだら、後はブックメーカーで賭けを楽しむだけ!

勝敗予想、優勝予想などお好きな賭けにを楽しんでもらって大丈夫ですが、ブックメーカーのサッカーへの賭け方の基本を予習しておくと、色んな楽しみ方ができると思います。

ブックメーカー初心者だと「どれに賭けたらいいのか」、「どういう賭け方が稼ぎやすいのか」が分からないと思うので、当サイトで掲載している「賭け方のコンテンツ」を参考にしてみてください。

直近のロシアW杯でも、すぐに実践できる10種類のオススメの賭け方を特集ページにて記載しています!

 

ウィリアムヒルから出金する方法

ブックメーカーで利益が出たら今度は出金です。出金を考えられるほどガッツリ稼ぎたいですねw

ブックメーカーから出金をする時も、コチラのイラストにある通り、エントロペイを挟んで最後は銀行送金で自分の銀行口座にお金を移動させます。

ウィリアムヒルからご自分の銀行口座に反映されるまで約2~3日、手数料は利用する銀行によって異なりますが、1回の引出しで合計約3,000円~5,000円がかかります。

 

いざ、ブックメーカーの世界へ!

以上がブックメーカーを始めるための全手順です。ぜんぜん難しくないでしょ?

最初は複雑に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単。何度か実践すれば、自分一人でいつでもブックメーカーを楽しめるようになります。

ロシアW杯が終わってからでも、ブックメーカーではJリーグ、チャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、ブンデスリーガ、世界中のサッカーがマーケット。

ネットニュースや雑誌、書籍を読み込み、メンバーや対戦成績、戦術を研究し、その上で自分独自の予想を立てて、DAZNでの試合観戦に大興奮し、的中すればお金も貰える。

ブックメーカーはサッカー好きには究極の遊びです。

1試合の勝敗予想だけで1万円勝つなんて当たり前の世界。あなたのサッカーの見る目が確かであれば、頭の中にあっただけ予想が数十万円のお金に化けるかも!?

ロシアW杯雑誌の上にウィリアムヒルを表示したiPhoneと1万円札5枚

ブックメーカーを始めてみよう!と思った方はファーストステップの「ウィリアムヒルの登録方法」に進んでください!

 

ブックメーカーの始め方・全手順

ブックメーカーに登録
エントロペイの口座開設~入金
ブックメーカーに入金
サッカーへの賭け方
ウィリアムヒルから出金~銀行送金

 

タイトルとURLをコピーしました