bet365の登録方法と本人確認のやり方

4.0

bet365のロゴ

bet365のアカウント登録方法を解説します。

bet365では18歳以上であれば誰でも登録できますが、賭け(プレー)を開始するにはアカウント開設から2週間以内に身分証明書のコピーを提出し、本人確認を済ませなければいけません。

Bet365の登録方法

Bet365のアカウント登録は下記リンク先の公式サイトから行います。

>> Bet365【公式】

入力は全てローマ字です。

また登録時の個人情報は必ず本名実名、実住所で登録してください。後ほど身分証明書を提出して本人確認を行いますので、偽情報を入力するとプレーできなくなります。

登録フォームでの入力内容はこちら。

Bet365のアカウント登録フォーム1の入力例と画面スクリーンショット
Bet365 登録フォーム入力例①
Country of Residence(居住国)Japan
Personal Infomation(個人情報)
Title(姓)男性:Mr / 女性:Mr
First Name(名前)Taro
Surname(名字)Tanaka
生年月日日/月/年
Contact Information(連絡先情報)
Email Address(Eメールアドレス)abc@***.com
Contact Number(電話番号)+81  |90 1234 5678
※先頭の0を抜いて入力
※携帯電話番号で可
Chose how receive offers(受信設定)
Notification(プロモ情報・お知らせ)Yes
Taxt massage(SMSメール)NO(必要であればYesでも可)
Email(Eメール)Yes
Massage in Bet365
(アカウント内メッセージ)
Yes

続いて画面後半です。

Bet365のアカウント登録フォーム2の入力例と画面スクリーンショット

画面最下部にある「18歳以上であることと規約同意」に関するチェックを入れ、「Join bet 365」を選択すると、アカウント開設が完了します。

Bet365 登録フォーム入力例②
Address(住所)
Cyome-Banchi-Go(番地・部屋番)1chome 1-2 Oshiage(例:押上1丁目1-2)
Town/cho(都道府県・市区町村) Sumidaku Tokyo(例:東京墨田区)
Postcode(郵便番号)1310045(※ハイフン無し)
Create Login(アカウント情報)
Username(ユーザー名)abc123(6~14文字)
Password(パスワード)任意のもの(6~32文字)
Security Number(セキュリティ番号)
Four-Digit Security Number(4ケタの数字)1234
Confirm Four-Digit Security Number
(再入力)
1234
Preferences(環境設定)
Time Zone(時刻設定)GMT+9
Odds Display(オッズ表記)Decimal
Bonus Code(ボーナスコード)空欄でOK

これでアカウントが出来上がりました。

次の画面で「入金操作画面」が表示されるので、既にアストロペイなどで入金準備が整っている方はそのまま入金申請を行って頂いて構いませんが、まだ入金準備が整っていない方は一旦、表示されている画面を閉じてください。

次は本人確認作業を行います。

 

bet365の本人確認のやり方

アカウント開設から一定期間以内に本人確認書類を提出しないとアカウントが閉鎖されてしまいますので、早めにやっておきましょう。

bet365の本人確認は2ステップに分かれており、それぞれで求められる書類や作業を完了させる必要があります。

Step1

  • 身分証明書の提出
  • 本人確認書類の提出
  • メールでの本人確認書類提出

Step2

  • 身分証明書の提出
  • 本人確認書類の提出
  • 郵便による住所確認

bet365公式サイトでアカウントにログインすると、下記画面が表示されますので、「Verify Identity」を選択し、本人確認画面に進んでください。

bet365の本人確認確認の認証画面のポップアップメッセージ

下記画面で、Step1・Step2でそれぞれ必要な書類を提出します。

bet365の本人確認申請画面のスクリーンショット

GoogleChromeの翻訳機能を使って日本語表示にした画面がこちら。PCでは右クリックで翻訳、スマートフォンでは右下の黒点3つのアイコン→翻訳で日本語表示にできます。

日本語訳がやや不自然な点はありますが、まぁ英語よりはわかりやすいという人は下記画面を参考にしてみてください。

bet365の本人確認申請画面の日本語翻訳画面のスクリーンショット

上記の中から、比較的提出しやすい3種の承認方法の進め方を解説します。

 

写真付きの身分証明書の提出

英語表記では「Upload Identity Document」で、顔写真付きの身分証明書の画像をアップロードします。提出できるのはこちらの3種。

  • パスポート(Passport)
  • 運転免許証(Driving License)
  • 住基カード(ID Card)

ここには記載していませんが、顔写真がついているマイナンバーカードでも代用できるかもしれません。

Bet365の本人確認の身分証明書の提出画面のスクリーンショット

身分証明書はいずれも有効期限内であることが必須条件です。

また写真はスマートフォンなどで撮影し、文字がはっきりと視認できること、身分証明書の四隅を必ず入れること、そして裏表両方を撮影した画像を提出してください。

 

本人確認書類の提出

英語表記では「Upload Your Supporting Document」となっている、身分証明書以外の本人確認書類の提出です。

bet365の本人確認書類の提出画面のスクリーンショット

有効書類は以下の4種で、この中から一つの書類を写真で撮影して提出します。

  • 銀行取引明細書(Bank Statement)
  • 税金の請求書(Council Tax Bill)
  • 固定電話または携帯電話の請求書(Landline or Mobile Telephone Bill)
  • 公共料金の請求書(Utility Bill)

公共料金や税金関係の請求書では、

  • 水道光熱費
  • 国民健康保険
  • 国民年金
  • 自動車税
  • 住民税

などの関係書類も本人確認書類として有効です。私も国民年金の発行書類で申請がおりました。ただし有効書類は過去3ヶ月以内の発行であることが条件で、請求書は未払いのものに限ります。

また、記載住所と氏名がアカウントに登録されているものと同じでなければなりません。写真はスマートフォンなどで撮影し、書類の四隅を入れ、カラーで文字がはっきりと見える画像を提出してください。

 

住所確認

住所確認では、アカウント登録時に入力した住所にbet365から書類を送付してもらい、そこに記載されているパスコードを入力して本人確認を行います。

書類が自宅に届くのに約10日ほどかかりますので、急いでいる方は他の本人確認で承認をすすめる方がよいかもしれません。

下記画面で、①登録先の住所が正しいかを確認、②問題なければ「Request PVC」をクリックし、書類送付を申請します。

bet365の郵便での住所確認画面のスクリーンショット

すると下記メッセージが表示されます。

bet365のPostal Verifivcation codeのPVC申請完了メッセージ

「郵便確認コードが届くまで7~10営業日かかります」と記載されています。実際、到着までかなり時間がかかりますが、気長に待っているとこのような封書が届きます。

bet365から国際郵便で届いたKYCコードが記載されたPVC(Postal Verification code)の封書

ここに記載されているKYC(Know Your Customer)数字コードをbet365の認証画面に入力し、住所確認を完了させてください。

 

タイトルとURLをコピーしました