タイガーペイ|TigerPayの登録方法&本人確認のやり方 | ブクサカ

タイガーペイ|TigerPayの登録方法&本人確認のやり方

TigerPay(タイガーペイ)の登録記事のアイキャッチ画像

当記事では、

  1. タイガーペイ(TigerPay)のアカウント登録方法
  2. 本人確認(KYC)で口座タイプをアップグレードする方法

この2つの手順を画像付きで解説します。

タイガーペイは口座開設後にアカウント制限がかかっているため、本人確認(KYC)を済ませてからでないと、アカウントへの入金が出来ません。

そのため、この記事では口座開設方法と、本人確認による口座タイプのアップグレード方法までを一気にご説明します。

タイガーペイ|TigerPayの登録・口座開設方法

タイガーペイの新規口座開設の流れは、以下の通りです。

  1. 公式サイトにアクセスし、「口座開設」ボタンをクリック
  2. 口座タイプとメールアドレスを入力
  3. 個人情報を入力
  4. 入力内容を確認&利用規約の同意
  5. メールアドレス認証
  6. アカウント登録完了

まずは、下記リンクよりタイガーペイの公式サイトにアクセスして下さい。

>> TigerPayに登録する

 

トップページが開くと、右上にある「口座開設」ボタンより、口座開設画面を開きます。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント登録画面のスクリーンショット(PC画面)

次の口座開設画面で、

  • お申込み者タイプ(個人名義・法人名義)
  • メールアドレス

を選択、入力します。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント登録画面のスクリーンショット(PC画面)

次の画面で、パスワード(再入力)、居住国を入力。パスワードは大文字・小文字・数字を使った、8〜35文字の半角英数字で設定します。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント登録画面のスクリーンショット(PC画面)

引き続き、以下の個人情報を入力・選択します。

  • お名前(ローマ字)
  • 苗字(ローマ字)
  • 生年月日

後で本人確認書類を提出するため、お名前は必ず本名をご入力下さい。全て入力・選択したら、「次へ」ボタンより次の画面に進みます。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント登録画面のスクリーンショット(PC画面)

確認画面で、入力内容の確認、利用規約の同意にチェック。問題なければ、「口座を開設する」ボタンより次の画面に進んで下さい。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント登録画面のスクリーンショット(PC画面)

認証URL送信完了の画面に切り替わり、まもなくタイガーペイより登録完了メールが届きます。メール本文内にあるURLより、メール認証を行って下さい。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント登録画面のスクリーンショット(PC画面)

「ご登録ありがとうございます」の画面に切り替わると、タイガーペイのアカウント登録の完了です!

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント登録画面のスクリーンショット(PC画面)

 

タイガーペイのKYC/本人確認・アップグレード方法

次は、タイガーペイの本人確認(KYC)による、口座のアップグレード方法についてご紹介します。タイガーペイには、以下の3種類の口座タイプがあります。

  • Fast口座(ファスト口座)
  • Parsonal口座(パーソナル口座)
  • Business口座(ビジネス口座)

新規開設の直後は全員Fast口座(画面によってはStandard口座表示)で、この状態では出入金機能に制限がかかっており、アカウントの全機能を利用できません。

本人確認(KYC)を終えるとPersonal口座にアップグレードされて入出金制限も解除されますので、タイガーペイを使うには口座開設直後に本人確認まで終えておく必要があります。

では本人確認の流れを見てみましょう。

  1. 口座アップグレード画面を開く
  2. 個人情報、住所などを入力・確認
  3. カメラで顔写真付き身分証明書を撮影
  4. KYC書類アップロード

登録に必要な身分証明書は、以下の2点です。

  • ご本人証明書類
  • ご住所確認書類

マイページより本人確認を行うので、まずタイガーペイにログインして下さい。

>> タイガーペイ【公式】

 

ログイン後、マイページ右上の「My Account」にカーソルを合わせます。すると、メニュー覧が出てくるので、「口座アップグレード」の項目を選択して下さい。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント本人確認画面のスクリーンショット(PC画面)

口座アップグレードの画面が開いたら、「次へ」ボタンより次の画面に進みます。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント本人確認画面のスクリーンショット(PC画面)

登録情報確認・変更の画面が開いたら、以下の個人情報を入力・選択して下さい。

  • 性別
  • 居住国
  • 州・都道府県名
  • 市名

住所は半角ローマ字で入力します。日本語住所の英文変換サイトなどを利用し、コピペで入力すると便利です。また住所は公的機関に登録済みの住所、あるいは後ほど提出する住所証明書(水道光熱費の請求書や住民票記載の住所)と同じものを記載して下さい。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント本人確認画面のスクリーンショット(PC画面)

引き続き、以下の情報を入力・選択して下さい。

  • 区名
  • 町名
  • 番地
  • 建物名・部屋番号
  • 郵便番号
  • 国番号
  • 電話番号
  • 言語

区名・町名も先程と同じく、先頭文字は大文字で半角ローマ字入力します。電話番号は最初の「0」を抜いでご入力下さい。(例:080-1234-5678→80-1234-5678)

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント本人確認画面のスクリーンショット(PC画面)

全て入力・選択出来たら、「次へ」ボタンより次の画面に進みます。

次の画面では入力内容の確認を行い、間違いがなければ「登録して次へ」ボタンを押して、本人確認書類のアップロード画面に進みます。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント本人確認画面のスクリーンショット(PC画面)

 

本人確認書類の提出

次のKYC書類アップロードの画面で、以下2種類の書類を提出します。

  1. ご本人証明書類
  2. ご住所確認書類

提出可能な書類は、以下の通りです。

①ご本人証明書類

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント本人確認画面のスクリーンショット(PC画面)

パスポート、運転免許証(表裏両面)、住民基本台帳カード(もしくはマイナンバーカード)(表裏両面)のいずれか1つ。有効期限まで3ヶ月以上。氏名・顔写真・生年月日・有効期限・発行機関名が記載されていることが条件。

②ご住所確認書類

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント本人確認画面のスクリーンショット(PC画面)

電気料金、ガス料金、電話/金融機関明細、水道料金、住民票、健康保険証、住民基本台帳カードかマイナンバーカード(表裏両面)、運転免許証(表裏両面)、組合員証、障害者受給者証、福祉受給者証のいずれか1つ。

有効期限まで3ヶ月以上、または発行から3ヶ月以内。氏名・現住所・発行日または有効期限日・発行機関名が記載されていることが条件。

この中から、お好きな組み合わせで書類を提出します。運転免許証を2回提出するなど、同じ書類で両方提出することは出来ないので、それぞれ別の2書類を用意する必要があります。

ちなみにタイガーペイが推奨している組み合わせがこちら。この組み合わせであれば、審査も比較的スムーズです。

  • パスポート+運転免許証
  • 運転免許証+マイナンバーカード

書類の準備が出来たら、ご本人証明書類、住所確認書類をアップロードをして下さい。手順がこちら。

  1. ご本人証明書類、住所確認書類を、お手持ちのスマホカメラで写真撮影
  2. 「ファイル選択」ボタンより、写真を選択

撮影はピンボケやブレがないよう注意し、四隅が入った状態で書類全体をカラー撮影します。(裏面がある書類は裏面も)

こちらの画面から撮影した書類画像をアップロードします。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント本人確認画面のスクリーンショット(PC画面)

2枚の書類をアップロードできたら、最後に「口座アップグレードを申請する」ボタンを押して、KYC書類の提出完了です。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント本人確認画面のスクリーンショット(PC画面)

これで全作業が終了。

TigerPay(タイガーペイ)のアカウント本人確認画面のスクリーンショット(PC画面)

審査は、登録内容や申請書類に間違いが無ければ数時間で完了し、登録、メールアドレスに【口座アップグレード完了のお知らせ】というメールが届きます。

マイページから口座グレードをご確認いただけます。続いて、タイガーペイへの入金です。

タイガーペイ|TigerPayの入金方法|仮想通貨・銀行振込・クレジットカード
当記事では、タイガーペイ(TigerPay)の入金方法についてご説明します。タイガーペイの入金方法・手数料は、以下の通りです。 クレジットカード:手数料5% ※現在利用停止中 ローカル銀行入金(銀行振...

 

タイトルとURLをコピーしました