ブックメーカーの入金方法|主要サイトで使える10の決済方法を解説 | ブクサカ

ブックメーカーの入金方法|主要サイトで使える10の決済方法を解説

ブックメーカーの入金方法のアイキャッチ画像

ブックメーカーの入金方法の全体概要を解説します。

ブックメーカーではオンライン口座(イーウォレット)や銀行振込送金、カード入金、仮想通貨送金など様々な入金手段があり、ブックメーカーごとに対応している入金方法が違います。この記事では、

  • ブックメーカーをこれから始めてみたいという人
  • 特定の入金方法に対応しているブックメーカーを知りたいという人

に向けて、ブックメーカーの入金方法の全体像について解説します。当サイト推奨のおすすめブックメーカーも見ながら、ぜひ自分にあったサイトを使いこなしてスポーツベッティングを楽しんでいただければと思います。

ブックメーカーの入金方法

私たち日本人ユーザーが大手有名ブックメーカーへ入金する方法は主に10種類。

これ以外にも一部ブックメーカーで採用されている別の入金方法もありますが、この記事では代表的な入金方法を10種に絞ってそれぞれの詳細と実際の利用方法、手数料について解説していきます。

こちらは日本国内で利用者が多い大手ブックメーカーの入金方法の一覧表です。

bet365のロゴ Stake(ステーク)のロゴ 遊雅堂(ゆうがどう)のロゴ カジ旅のロゴ
銀行振込 × ×
VISA × × ×
Mastercard × ×
JCB × × × ×
Payz × ×
MuchBetter × × ×
STICPAY × ×
× × × ×
仮想通貨 × ×
VegaWallet × × × ×
Jeton × × × × × ×
TigerPay × × × × × ×
iWallet × × × × × ×

WilliamHILL(ウィリアムヒル)のVISA入金はデビットカードのみの対応です。

入金方法が多いのはカジ旅や遊雅堂などのカジノ系サイトですが、ブックメーカーとして日本で人気が高いのはWilliamHILL、bet365、Stake、スポーツベットアイオーなどのスポーツ系サイトです。

全体像を把握できたところで、各入金方法について詳しく解説していきます。

 

銀行振込・送金での入金

銀行振込/銀行出入金記事のアイキャッチ画像自分の銀行口座から銀行振込で直接ブックメーカーに入金する方法です。銀行振込での入金に対応しているのは以下のブックメーカーです。

この他、ウィリアムヒル、bet365では出金のみ銀行送金をご利用いただけます。

ブックメーカーへの入金というと、かつてはオンライン口座経由でしか認められておらず非常に複雑だったのですが、今では振込で手軽に入金できる時代になりました。銀行振込での入出金については下記記事で詳しく解説しております。

銀行振込での入出金対応ブックメーカーまとめ一覧
銀行振込での入出金ができるブックメーカー一覧です。またブックメーカーサイトにおける銀行入出金の注意点、やり方、入金反映、出金反映までの所要時間、入金できない場合の対応策をまとめました。

 

クレジットカード/デビットカードでの入金

クレジットカードでの入金方法記事のアイキャッチ画像クレジットカード/デビットカードで直接ブックメーカーサイトに入金する方法です。

多くのブックメーカーが対応していますが、サイトごとにどの国際ブランドを利用できるかは異なります。通常、日本の金融機関は海外のオンラインギャンブルサイトへの入金を規制しているため、日本発行のクレジットカード(デビットカード)の一部では、ブックメーカーへの入金に失敗するものも多いです。

そのためカードでブックメーカーに入金したい場合は、

  • カード入金成功率が高いブックメーカーを選ぶ
  • 入金成功率が高いカードをブックメーカー入金用に新規発行する

このいずれかを選ぶことをオススメします。例えばカード入金成功率が高いブックメーカーというと、

の4サイトが有名です。その他、ウィリアムヒル、bet365などの大手ブックメーカーでカード入金したい場合は、

このいずれかを新規発行するのがオススメです。どちらもブックメーカーへの入金成功率が高く、年会費無料で利用できます。

三井住友カード(NL)は即時発行でき、カード申し込みをしたその日のうちに入金に使えるので特にオススメです。クレジットカード・デビットカード入金の詳細はこちらの記事で詳しく解説しておりますので、気になる方はこちらでご確認ください。

【撤退】betway|ベットウェイの入金方法 - クレジットカード・銀行振込・エコペイズ
betway(ベットウェイ)の入金方法を解説します。betwayではMasterCardのカード入金、銀行振込入金、ペイズ(Payz)※旧エコペイズ(ecoPayz)、マッチベター(MuchBetter)、ミフィニティ(Mifinity)の5種が用意されています。全ての入金方法を手順ごとに、手数料などと一緒に解説しています。

 

ビットコイン/仮想通貨・暗号通貨送金での入金

仮想通貨出入金記事のアイキャッチ画像ブックメーカーはビットコインなどの仮想通貨でも入金できます。ブックメーカーに慣れた人であればあるほど、入出金の匿名性を重視して仮想通貨での入出金を好んで使う傾向が強いです。

人気の銘柄は米ドル連動のUSDT(テザー)で、仮想通貨ユーザーの大半がUSDTを使用します。1USDT=1ドルの価値換算なので、仮想通貨といえど米ドル単位でベッティングできるため、ステークやスポーツベットアイオーなど大手サイトでもUSDTがメイン通貨として扱われています。

仮想通貨で入金して円やドルの法定通貨でベッティングもできますし、仮想通貨で入金して仮想通貨でベッティングすることもできます。仮想通貨での入金方法はご覧の通りです。

※国内取引所から直接ブックメーカーには送金しないこと

2023年6月に開始された新トラベルルールにより、日本国内の仮想通貨取引所と海外ブックメーカーとの直接送受金が出来なくなりました。国内取引所からオンラインカジノやブックメーカと送受金をすると、国内取引所の口座が凍結されるリスクがあるため、一度海外取引所や海外ウォレットを挟んでブックメーカーに入金することをオススメします。

まず国内の仮想通貨取引所で口座開設し、即時入金や銀行振込みで入金。口座内で購入したビットコイン(仮想通貨)を、海外取引所や海外ウォレットに移し、そこからブックメーカーの個人アカウント宛に送金先に指定して入金します。

またbet365やウィリアムヒルでは直接の仮想通貨送金での入金は利用できませんが、間接的に仮想通貨を使って入金することはできます。例えばペイズやJeton、STICPAY、MuchBetterを経由し、

仮想通貨取引所(国内) → ペイズ/Jeton/STICPAY → ブックメーカー

というルートでの間接的な仮想通貨入金なら可能です。ビットコインなどの仮想通貨はブックメーカーユーザーにとって利便性が高いので、取引所をどこか一つでも解説しておくと非常に便利です。

ビットコイン・仮想通貨対応のブックメーカー&入出金方法
ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産・暗号通貨)での入出金方法の解説と、仮想通貨での入出金対応ブックメーカー、仮想通貨でのベッティング対応のブックメーカーをご紹介します。ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどの入出金も一般化し、他の入出金方法との違いやメリット・デメリットなどを解説します。

 

Payz(ペイズ)での入金

エコペイズの入出金記事のアイキャッチ画像

ブックメーカー入金の代名詞的存在でもあるのが、Payz(ペイズ)です。仮想通貨系以外なら大抵のブックメーカーで利用できます。

2023年5月にリニューアルを行い、現在は「Payz(ペイズ)」という新名称のサービスに変更されましたが、サービス内容や機能はエコペイズ時代と全く同じです。

Pazy(ペイズ)は日本を含む世界159ヶ国、日本円を含む45通貨、個人に加えて企業間送金にも利用されている世界的な決済サービスで、言わばオンライン上の銀行口座。

ペイズへの入金は銀行振込、もしくは仮想通貨取引所からのビットコイン送金が利用でき、銀行振込であればネットバンクでの振込みはもちろん、コンビニATMからの振込みもできます

またペイズから出金する際は、自分の銀行口座宛に直接資金を移動させる銀行送金を主に利用します。

ペイズ(Payz)|旧エコペイズの使い方・入出金対応のブックメーカー一覧
ブックメーカーの出入金で利用するペイズ(Payz)のご紹介。サービス概要、口座開設方法、出入金手段、手数料についてまとめています。

 

MuchBetter(マッチベター)での入金

Much Better(マッチベター)の入金記事のアイキャッチ画像

MuchBetter(マッチベター)はPazyやSTICPAYと同じオンライン決済サービスで、携帯電話番号でアカウントを管理するモバイル決済アプリです。対応ブックメーカーはこちら。

ウィリアムヒルで入出金方法として採用されたのを皮切りに、その他の大手ブックメーカーでも続々と入金手段として採用されました。

ただし現在、MuchBetterへの入金は仮想通貨送金と銀行振込が利用できます。仮想通貨をメインの入出金にしている場合は、仮想通貨取引所→MuchBetter(マッチベター)→ブックメーカーというルートで入金することになります。

MuchBetter|マッチベターアプリの評判・特徴と使い方
MuchBetter(マッチベター)は仮想通貨、銀行入出金、カード入金を利用できるイーウォレットサービスです。 ただし入出金方法の入れ替わりが激しく、一時は利用者が激減した時期もありますが、2023年...

 

STICPAY(スティックペイ)での入金方法

STICPAYの入金方法記事のアイキャッチ画像

STICPAY(スティックペイ)はPayzと同じくオンライン決済口座です。

手元にある資金をクレジットカード(デビットカード)、ビットコイン送金、銀行振込に対応。出金時は銀行出金、仮想通貨送金でSTICPAY口座に入金し、そこから各ブックメーカーに資金を移動させて入金します。

主な対応ブックメーカーはこちら。

STICPAY→各ブックメーカーへの入金手数料は無料。ただしSTICPAYとブックメーカー間で異なる通貨で送金する場合は両替手数料が別途かかります。STICPAYの口座開設、入金についての詳細はこちらの記事を御覧ください。

スティックペイ|STICPAYの評判・特徴と使い方
海外ブックメーカーへの出入金で利用できるe-wallet、STICPAY(スティックペイ)のサービス概要を解説します。

 

VegaWallet(ベガウォレット)での入金方法

VegaWallet(ベガウォレット)の入金記事のアイキャッチ画像

VegaWallet(ベガウォレット)は、VenusPoint(ビーナスポイント)の後継サービスで、主に銀行入出金で利用するオンライン決済口座(イーウォレット)です。

他の類似サービスとの違いは、オンラインカジノやブックメーカーとの入出金額に応じてポイントが溜まり、それを現金化することができる点。入出金額が多いヘビーベッターほどポイントバックの恩恵を受けることができます。また本人確認も不要です。

ベガウォレット内のアカウント残高は「1ポイント=1米ドル」の価値基準でポイント単位で管理されるので、米ドル単位でプレイするブックメーカーへの入出金で利用するのが良いです。(残高はポイント単位ですが、実質は米ドル単位と同じ)。

主な対応ブックメーカーはこちら。

ベガウォレットのサービス詳細、口座開設、入金についての詳細はこちらの記事を御覧ください。

ベガウォレット|VegaWalletの評判・特徴と使い方&対応ブックメーカー
ベガウォレット(VegaWallet)はオンラインカジノや各ブックメーカーサイトへの入出金に使えるイーウォレットで、Payz(旧エコペイズ)やSTICPAYなどと同じ類の決済サービスです。さらにベガウ...

 

JetonWallet(ジェトン・ウォレット)での入金方法

Jetonの入金記事のアイキャッチ画像

JetonWallet(ジェトン・ウォレット)はイギリス発祥のイーウォレット・決済サービスです。Jetonの強みは入出金額に応じたキャッシュバック制度。Jetonとブックメーカーなどのゲーミングサイトとの間で行われる入出金額の1%相当額がリアルマネーで自動キャッシュバックされます。

デメリットはJetonが使えるブックメーカー、オンラインカジノが少ないこと。さらにJetonへの銀行入金は国内大手29の銀行からしか受け付けていませんし、(1%のキャッシュバックがあるとは言え)カード入金の場合は3%の手数料がかかりますので、入金方法によっては手数料負けすることがあります。

Jetonが使える主なブックメーカーがこちら。

Jetonのサービス詳細、口座開設、入金についての詳細はこちらの記事を御覧ください。

Jeton Wallet|ジェトンウォレットの評判・使い方
Jeton Wallet(ジェトンウォレット)はイギリス発祥の決済サービスです。 ペイズ(Payz)と同じ日本語対応のオンライン決済サイト(イーウォレット)で、対応ブックメーカーも徐々に増えて今後ます...

 

TigerPay(タイガーペイ)での入金方法

TigerPay(タイガーペイ)の入金記事のアイキャッチ画像

TigerPay(タイガーペイ)は2021年開始の新しいイーウォレットです。運営企業はイギリスですが、日本系列の企業資本も運営に関わっていることから、主に日本ユーザー向けに特化して運営されているイーウォレットサービスです。

1アカウント内に3つの法定通貨(米ドル、日本円、ユーロ)、仮想通貨(ビットコイン、リップル、イーサリアム、USDコイン、テザー)の各ウォレットを同時管理でき、ウォレット・通貨間での両替機能も備えたマルチウォレットタイプ。

ただし対応ブックメーカーがまだ少ない点と、手数料が非常に高い点、そして入手t金の遅延といった運営面で不安が強いことがデメリットで、現状はタイガーペイより他のイーウォレットを利用しているユーザーが圧倒的に多い状態です。

TigerPay(タイガーペイ)対応の主なブックメーカーがこちら。

タイガーペイのサービス詳細、口座開設、入金についての詳細はこちらの記事を御覧ください。

タイガーペイ|TigerPayの評判と使い方/対応ブックメーカー一覧
近年オンラインカジノやブックメーカーでも採用され始めている、日本向けに特化して運営されている決済サイト、タイガーペイ(TigerPay)をご紹介します。 タイガーペイ(TigerPay)は2021年開...

 

iWallet(アイウォレット)での入金方法

iWallet(アイウォレット)の入金方法のアイキャッチ画像

アイウォレット(iWallet)は日本円を含む全12通貨を同時管理できるマルチウォレットタイプのイーウォレットで、入金方法は銀行振込、クレジットカード(VISA/MasterCard)、出金は銀行出金を利用します。

対応ブックメーカーはそこそこありますが、機能面がさほど充実しておらず、手数料も高額です。アイウォレットを使うならペイズ(エコペイズ)で十分では?という印象が強く、特に際立ったメリットはありません。

いWallet(アイウォレット)対応の主なブックメーカーがこちら。

アイウォレットのサービス詳細、口座開設、入金についての詳細はこちらの記事を御覧ください。

アイウォレット|iWalletの評判と使い方
海外ブックメーカーとの入出金で利用するiWallet(アイウォレット)の使い方についてご紹介します。

 

タイトルとURLをコピーしました