toto予想ユーザーにおすすめのブックメーカー3選 | ブクサカ

【第5回】toto予想ユーザーにおすすめのブックメーカー3選

toto予想ユーザー向けおすすめブックメーカー記事のアイキャッチ画像

前回の記事「【ブックメーカーでの遊び方】toto予想ユーザーにおすすめの賭け方5選」では、toto予想ユーザーの方が具体的にどんな賭け方をすると良いのか?について解説をしました。

ブックメーカーの機能的な魅力、稼ぎ方や賭け方のイメージを理解できたとろで、最後に「toto予想ユーザーはどこのブックメーカーを使うと良いのか」について解説します。

toto予想ユーザーにとって最適なブックメーカーサイトの候補を3つあげましたので、自分がどこのサイトと相性が良さそうかを比べながら読み進めていただければと思います。

この記事を読み終えたあとは、各ブックメーカーの登録、入金などの個別記事にアクセスし、プレイをするための準備をぜひ進めてください。

toto予想ユーザーにおすすめのブックメーカー3選

日本人が利用できるブックメーカーは数多くありますが、その中でtoto予想ユーザーに特にオススメできるブックメーカーが下記2サイトです。

  • Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)
  • bet365

この3社を推薦する理由は、toto予想ユーザーが特に重視するであろう。日本人の使いやすさ、運営企業の安定性と信頼性の2つの観点でオススメできるからです。

上記3社はいずれも日本語対応済みで、日本人による日本語サポート、ライブチャット、お問い合わせ対応の全てを完備しています。

さらに上記3社は業界内の規模も大きく、3社ともプレミアリーグ各チームのスポンサーを務めるなど運営会社の信頼性も保証されていますので、日本人でも安心して利用できると言って差し支えありません。

ではここからtoto予想ユーザーが気になるであろうポイント、特に重視したいポイントに絞って、ブックメーカー大手3社の特徴について解説していきます。ご自身がどこのブックメーカーに好印象を持つか、選びながら読み進めていただければと思います。

 

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

スポーツベットアイオー(Sporstbet.io)のサービス紹介スライド

日本人担当者がいる
日本人ユーザーが多い
入出金が手軽にできるか
会社規模・業界内規模
サイトの見やすさ使いやすさ
オッズの高さ
主なスポンサー先 サウサンプトン、サンパウロFC

評価基準:× → △ → ○ → ◎

toto予想ユーザーに最もオススメなのがSportsbet.io(スポーツベットアイオー)です。

日本担当の日本人社員も社内に常駐。ここ数年は特に日本人ユーザーが多さが際立つブックメーカーです。日本から銀行振込で入金&出金できますので、入出金の手軽さも業界随一。

サイトの使いにくさ、デザインの見づらさは感じるものの、日本円の他、ビットコインなどの仮想通貨でベッティングもできるなど機能面も充実。

スポーツベットアイオー独自の「プライスブースト機能」を使うと、通常オッズを高めた高オッズでベットできますから、toto対象カードのなかでも特に予想に自信がある1試合でこの機能を使いましょう。

またスポーツベットアイオーには無料参加OKのサッカーくじ「フリー6-6(1等10万ドル)」が毎週開催されており、totoと同じくサッカーの勝敗・スコア予想で夢の高額当選が狙えます。

スポーツベットアイオーにはtoto予想で培った予想分析を活かす機能が充実していますので、お金をかけずにブックメーカーを試してみることもできますので、toto予想ユーザーはまずここからスタートするのがオススメ。

>> Sportsbet.ioに登録する
- 無料登録30秒!匿名でプレイできます -

 

アカウント登録・入金・出金方法の手順

  1. アカウント登録
  2. 入金(銀行振込or仮想通貨送金)
  3. プレイ開始
  4. 出金(銀行送金or仮想通貨送金)

▼各ステップの解説記事▼

スポーツベットアイオーの詳細解説
スポーツベットアイオーの詳細解説
Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の特徴やボーナス情報など総合的な情報がまとめた記事です。
スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)の始め方・やり方記事のアイキャッチ画像
やり方・始め方【初心者向け】
スポーツベットアイオーの登録方法記事のアイキャッチ画像
アカウント登録方法
Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のアカウント登録方法の解説記事です。匿名で約15秒ほどで登録が完了します。
スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)のボーナス記事のアイキャッチ画像
登録・入金不要ボーナス
Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のボーナス情報です。新規向けの登録ボーナス、入金不要ボーナス、既存向けのボーナス企画情報など。
スポーツベットアイオーの入金方法記事のアイキャッチ画像
入金方法
Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の入金方法は日本円だと銀行振込、仮想通貨だと取引所からの送金、USDTだと銀行振込入金も使用できます。
スポーツベットアイオーの出金方法記事のアイキャッチ画像
出金方法
Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の出金は日本円での銀行出金、USDTから日本円への銀行出金、仮想通貨での送金も利用できます。
Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)のニューカッスルユニフォームのプレゼントキャンペーンバナー
当サイト登録者限定!ユニフォームプレゼント【2024年2月10日まで】

>> Sportsbet.ioに登録する
- 無料登録30秒!匿名でプレイできます -

 

bet365

bet365のサービス紹介スライド

日本人担当者がいる
日本人ユーザーが多い
入出金が手軽にできるか
会社規模・業界内規模
サイトの見やすさ使いやすさ
オッズの高さ
主なスポンサー先 ストーク・シティ

評価基準:× → △ → ○ → ◎

業界最大手の世界的大企業がbet365です。機能面、操作性はトップクラス。日本語対応以前から日本人ユーザーが非常に多く、完成度が高いブックメーカーです。

日本円・日本語対応も問題なく、ネイティブ日本人社員によるハイレベルなサポート体制が整っていて、サポートの丁寧さは業界最高水準。ここ以上にサポートが丁寧なところは見たことがないほど。

唯一のデメリットは出入金手段が少ないこと。一部限られた種類のカードで入金するか、ペイズ、アストロペイなどの決済サービスを経由しないといけないので、準備の手間がかかります。

>> bet365に登録する
-登録5分!最大10,000円分のボーナスが貰える!-

新規登録キャンペーン利用規約

bet365新規のお客様へ、最大¥10,000のベットクレジット。最低入金額¥700。ベットクレジットは、対象の入金額相当までとし、ベットが確定された際に提供されます。最低オッズ、ベットの制限事項が適用されます。払戻金には、ベットクレジット利用分の賭け金は含まれません。有効期限、利用規約適用。

 

アカウント登録・入金・出金方法の手順

  1. アカウント登録
  2. 本人確認書類の提出
  3. 入金(カードorペイズ)
  4. プレー開始
  5. 出金(銀行送金orペイズ)

▼各ステップの解説記事▼

bet365の詳細解説
bet365の詳細解説
bet365の特徴紹介と初心者向けスタートガイドです。業界最大手のオンラインブックメーカーbet365は「ブックメーカーの完成形」とも評され、日本でも多くのユーザーを抱えています。
bet365のやり方・始め方記事のアイキャッチ画像
bet365のやり方・始め方
bet365の登録方法&本人確認のやり方記事のアイキャッチ画像
登録方法と本人確認
bet365の登録方法と本人確認のやり方を解説。アカウント登録はすぐにできますが、bet365は本人確認を最初に行う必要があり、手続きが少し複雑です。
bet365の登録ボーナス記事のアイキャッチ画像
登録ボーナス【最大1万円】
bet365の新規登録者向けボーナス情報です。初回入金額と初回ベット額に応じて最大10,000円分のボーナスが貰えますので、ぜひご利用ください
入金方法/※ecoPayz対応!
bet365の入金方法の解説です。日本からの入金は一部カード入金のほか、ecoPayz(エコペイズ)、AstroPay(アストロペイ)に対応しています。
賭け方・ストリーミング配信の視聴方法
bet365のサイト操作方法の解説とサイト内で視聴できる試合映像のストリーミング配信について紹介します。UEFAチャンピオンズリーグなど世界中の試合中継をご覧いただけます。
出金方法と手数料
bet365の出金方法と手数料の解説です。日本では銀行出金、ecoPayz(エコペイズ)のいずれかの出金方法を利用できます。

>> bet365に登録する
-登録5分!最大10,000円分のボーナスが貰える!-

新規登録キャンペーン利用規約

bet365新規のお客様へ、最大¥10,000のベットクレジット。最低入金額¥700。ベットクレジットは、対象の入金額相当までとし、ベットが確定された際に提供されます。最低オッズ、ベットの制限事項が適用されます。払戻金には、ベットクレジット利用分の賭け金は含まれません。有効期限、利用規約適用。

 

ブクサカ

2018年創設、サッカー専門のブックメーカー情報サイト「ブクサカ」の編集チーム。サッカービジネス、Webマーケティング、ライター、スポーツ記者、ジャーナリスト、サッカー×SNS運用など各分野のプロで構成された編集チームで、2022年カタールW杯現地取材、ICE/iGBロンドンカンファレンスなど海外の現場にも積極的に参戦。

ブクサカをフォローする
ブックメーカー講座
タイトルとURLをコピーしました