2019-20 チャンピオンズリーグ優勝オッズ-ブックメーカー発表

UEFAチャンピオンズリーグの優勝予想オッズのトップバナー

2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグがついに開幕。

昨季王者のリヴァプールを中心に今季も欧州王者を目指す大会がスタートしましたが、海外大手ブックメーカーの優勝オッズが発表されました。

現時点でどこのチームが最も優勝に近いと見られているのか?チャンピオンズリーグ関連の各種オッズを直近グループステージ第3節終了時オッズを今季開幕前のオッズと共にご紹介します。

2019-20 UEFAチャンピオンズリーグ優勝予想オッズ

グループステージ第3節終了時点(10月27日)で、WilliamHillと10Bet Japanが発表している2019-20 UEFAチャンピオンズリーグの優勝予想オッズがこちらです。

()内はグループステージの組分け抽選直後(8月31日)の開幕前時点でのオッズを表記しています。

チーム名 WilliamHill 10bet
マンチェスターシティ 4.00 (4.00) 4.20 (4.15)
バルセロナ 6.50 (6.00) 6.50 (6.00)
リヴァプール 7.50 (8.00) 7.50 (7.50)
PSG 8.00 (10.00) 8.00 (11.00)
バイエルン 8.00 (11.00) 9.00 (13.00)
ユヴェントス 9.00 (8.00) 10.00 (11.00)
アトレティコ 17.00 (17.00) 19.00 (21.00)
レアルマドリード 17.00 (8.00) 17.00 (9.00)
ドルトムント 23.00 (34.00) 41.00 (34.00)
ナポリ 26.00 (34.00) 29.00 (34.00)
チェルシー 26.00 (26.00) 29.00 (31.00)
トッテナム 29.00 (21.00) 31.00 (23.00)
ライプツィヒ 34.00 (67.00) 51.00 (67.00)
アヤックス 51.00 (34.00) 41.00 (51.00)
インテル 51.00 (51.00) 41.00 (51.00)
バレンシア 67.00 (81.00) 101.00 (81.00)
ザルツブルク 81.00  (201.00) 151.00 (251.00)
ベンフィカ 81.00 (81.00) 251.00 (101.00)
リヨン 81.00 (81.00) 101.00 (81.00)
リール 101.00 (101.00) 501.00 (251.00)
レヴァークーゼン 201.00 (81.00) 751.00 (151.00)
ゼニト 201.00 (201.00) 151.00 (151.00)
ガラタサライ 251.00 (201.00) 751.00 (251.00)
シャフタール 251.00 (251.00) 201.00 (251.00)
スラヴィア・プラハ 301.00  (501.00) 751.00 (501.00)
クラブ・ブルッヘ 501.00 (501.00) 501.00 (501.00)
アタランタ 501.00 (51.00) 751.00 (151.00)
ヘンク 501.00 (251.00) 1001.00 (501.00)
ディナモ・ザグレブ 751.00 (751.00) 501.00 (401.00)
オリンピアコス 751.00 (751.00) 1001.00 (301.00)
ツルヴェナツベズタ 751.00 (751.00) 501.00 (501.00)
ロコモティフ・モスクワ 751.00 (751.00) 1001.00 (401.00)

1番人気がマンチェスターシティの4.00倍で、開幕前からトップ評価です。昨季の王者リヴァプールは3番人気。

昨季はアヤックスやトッテナムといった思わぬチームの躍進があったものの、オッズを一つ一つ見てみるとさすがに優勝まで到達できる可能性があるのは

  • マンチェスターシティ
  • バルセロナ
  • リヴァプール
  • パリSG
  • バイエルン
  • ユヴェントス

ここまでの上位6チームまで、というのが主な相場観でしょう。

実際6位ユヴェントスと7位アトレティコの間のオッズが8~11倍もの開きが出ています。

ここ10年ほどの傾向を見ても「昨季のような躍進チームが突然変異で現れたとしても、最終的に優勝できるのは伝統的な実績のあるメガクラブのみ」というのは、確かに現実的な予想だと思います。

ちなみにレアルマドリードは開幕前の時点でオッズ8.00倍、9.00倍の3~4番手だったにも関わらず、開幕2戦で1分1敗と大きく出遅れた影響でオッズは17.00倍に急落。

補強した新戦力が馴染まず、代わり映えしない主力選手、マンネリ、高齢化などで新しいサイクルへの過渡期に入っているチームなので、チャンピオンズリーグに強いジダンといえど今季は難しい戦いになる可能性が高いように思います。

個人的な優勝予想はマンチェスターシティ、リヴァプール、バイエルンのいずれか。でも本命はリヴァプールかな。

ユヴェントスはサッリ1年目でCL制覇は難しそうだし、パリSGはネイマール騒動でゴタゴタしてるし、バルセロナも試合見てもイマイチな感じが拭えないんで、結局は消去法なんですけど。

ちなみに余談ですが、WilliamHillも10Bet Japanもオッズの順位付け自体はほぼ同じですが、オッズ数値はWilliamHillよりも10Bet Japanの方がやや高めに設定する傾向があるようです。

実際にブックメーカーでのプレーを希望される方は下記ページよりアカウントを登録してください。日本からも18歳以上であれば誰でも参加可能で、もちろん日本語表記、日本円でのプレーも出来ますよ!


■ ウィリアムヒルのやり方・始め方【全体説明】

  1. ウィリアムヒルに登録する
  2. エコペイズに口座開設をする
  3. エコペイズに入金する
  4. ウィリアムヒルに入金する

10Bet Japanの登録方法

 

チャンピオンズリーグ優勝国オッズ

続いて、チャンピオンズリーグの優勝チームがどこの国から出るのかを予想する優勝国オッズです。

こちらもグループステージ第2節終了時のオッズで、()内は開幕前のオッズを表記しました。

チーム名 WilliamHill
イングランド 2.37 (2.75)
スペイン 3.25 (3.40)
イタリア 6.00 (6.00)
ドイツ 7.50 (8.00)
フランス 7.50 (9.00)
その他の国 21.00 (17.00)

実質的にはイングランド(リバプール、マンチェスターシティ)、スペイン(バルサ、スペインの2強)、イタリア(ユベントス)、ドイツ(バイエルン)、フランス(パリSG)という位置づけですね。

 

グループステージ各組突破オッズ

続いてグループステージ各組の突破チームを予想するオッズです。

10Bet Japanは開幕前のオッズを記録していなかったため、WilliamHillのみ()内で開幕前のオッズを表記しています。

チーム名 WilliamHill 10bet
パリSG 1.00 (1.10) 1.01
レアルマドリード 1.06(1.08) 1.05
ガラタサライ 26.00 (6.00) 13.00
クラブ・ブルッヘ 13.00 (11.00) 12.00

グループAは2強2弱。レアルマドリードがもたつくと大波乱が起きそうな気配が合ったけど、さすがに立て直してきた。

チーム名 WilliamHill 10bet
バイエルン 1.00 (1.08)  1.01
トッテナム 1.10 (1.20)  1.10
オリンピアコス 17.00 (4.33)  12.00
ツルヴェナ・ツヴェズタ 11.00 (11.00)  8.00

グループBはバイエルンがアウェーでトッテナムを7-2で粉砕した影響で、開幕2戦終了時で既にオッズが1.00倍、1.01倍に到達。

チーム名 WilliamHill 10bet
マンチェスターシティ 1.00 (1.02) 1.01
シャフタール 1.50 (2.20) 1.50
ディナモ・ザグレブ 2.50 (11.00) 2.50
アタランタ 17.00 (1.73) 8.00

こちらも3連勝のマンチェスターシティのオッズが1.00倍、1.01倍と突破が確実。

チーム名 WilliamHill 10bet
ユヴェントス 1.03 (1.11) 1.01
アトレティコ 1.06 (1.20) 1.02
レヴァークーゼン 34.00 (3.75) 26.00
ロコモティフ・モスクワ 13.00 (11.00) 13.00

ここも2強2弱。順当にユヴェントスとアトレティコが抜けそうです。

チーム名 WilliamHill 10bet
リヴァプール 1.02 (1.07) 1.02
ナポリ 1.03 (1.20) 1.02
ザルツブルク 8.00 (3.75) 8.50
ヘンク 51.00 (13.00) 51.00

ザルツブルクとナポリの2位争いが一騎打でしたが、アウェーで競り勝った影響で2強2弱に。伊東純也所属のヘンクは厳しいオッズが付いています。

チーム名 WilliamHill 10bet
バルセロナ 1.01 (1.10) 1.02
ドルトムント 1.73 (1.67) 1.68
インテル 1.91 (2.05) 1.80
スラヴィア・プラハ 51.00 (15.00) 67.00

3強1弱の構成でインテル対ドルトムントの一騎打ち。直接対決の第3戦はインテルがホームで勝利、第4戦ドルトムントホームでの戦いが全てを決しそう。

チーム名 WilliamHill 10bet
リヨン 1.80 (2.00) 1.68
ライプツィヒ 1.17 (1.67) 1.15
ゼニト 2.20 (3.00) 2.10
ベンフィカ 4.00 (1.80) 4.00

どんぐりの背比べというか、実力伯仲の4チームが揃う組でリヨンがリード。最終戦までもつれそうな勢い。

チーム名 WilliamHill 10bet
アヤックス 1.25 (1.73) 1.20
チェルシー 1.20 (1.28) 1.20
バレンシア 2.62 (2.00) 2.50
リール 34.00 (3.75) 29.00

チェルシーを抑えて昨シーズンのベスト4、アヤックスが引き続き好調を維持。

 

得点王オッズ

得点王のオッズも見ていきましょう。

今季好調のレヴァンドフスキがトップ。ホランドも好調で得点数が多いんですが、チームの勝ち上がりを考慮するとビッグクラブの選手が上位に揃いますね。

選手名 WilliamHill 10bet
レヴァンドフスキ 5.50 (15.00) 5.00
ラヒーム・スターリング 7.00 (13.00) 7.00
リオネル・メッシ 8.00 (5.00) 9.00
セルヒオ・アグエロ 8.00 (9.00) 10.00
モハメド・サラー 10.00 (10.00) 11.00
クリスティアーノ・ロナウド 11.00 (5.50) 13.00
ニャブリ 11.00 (-) 13.00
ハリー・ケイン 13.00 (21.00) 13.00
ホランド 13.00 (-) 15.00
キリアン・ムバッペ 13.00 (15.00) 12.00
ルイス・スアレス 15.00 (29.00) 17.00
サディオ・マネ 17.00 (21.00) 21.00

 

ブックメーカーでチャンピオンズリーグを楽しもう!

ここまで様々なオッズを見てきましたが、ブックメーカーのオッズは日々刻々と変化していきます。

ブックメーカーでは優勝予想や得点王オッズ以外にも、個別の勝敗予想に賭けてプレーすることも出来るので、サッカーの勝敗予想で一攫千金を狙う方、試合の見る目に自身がある方はぜひチャレンジしてみてください。

日本人でも参加できるブックメーカーは様々ありますが、日本人向けサービスに注力して日本からのユーザーも多いのがこの記事でも紹介しているWilliamHill(ウィリアムヒル)と10Bet Japanです。

ウィリアムヒルは日本でも知名度が高い老舗ブックメーカーですので、日本人でも安心して利用することができますよ。


■ ウィリアムヒルのやり方・始め方【全体説明】

  1. ウィリアムヒルに登録する
  2. エコペイズに口座開設をする
  3. エコペイズに入金する
  4. ウィリアムヒルに入金する

10Bet Japanの登録方法

 

タイトルとURLをコピーしました