2020 Jリーグ/J1優勝予想オッズ一覧

2020 J1リーグ優勝オッズ記事のアイキャッチ画像(横浜Fマリノスサポーター)

2020年シーズンのJリーグの優勝チームはどこなのか?

スポーツギャンブルを提供する海外ブックメーカーが発表している2020 Jリーグの優勝オッズをご紹介します。

第1節消化後、4ヶ月に及ぶ中断期間を経てついにJ1が再開。チームによって消化試合数が異なるものの、「一応」折り返し地点の第17節を消化。

今季は降格なし、再開直後は観客を入れないリモートマッチ開催という異例の再開を迎えます。

海外ブックメーカー発表のJ1リーグの優勝オッズ

2020シーズンのJリーグの第17節終了時(日本時間の9月21日時点)にWilliamHillが発表しているJリーグの優勝オッズがこちら。

順位チームオッズ昨年順位
1位川崎フロンターレ1.06倍
4位
2位セレッソ大阪10.00倍5位
3位FC東京17.00倍2位
4位名古屋グランパス23.00倍13位
5位ガンバ大阪26.00倍7位
柏レイソル26.00倍J2優勝
7位浦和レッズ41.00倍14位
8位横浜Fマリノス41.00倍優勝
9位鹿島アントラーズ51.00倍3位
10位ヴィッセル神戸67.00倍8位
サンフレッチェ広島67.00倍6位

今季開幕時、コロナ再開時点でも優勝オッズトップは昨季優勝の横浜F・マリノスでしたが、9月後半の段階で首位を独走する川崎フロンターレがトップに。

既に優勝の可能性が消えたチームも大勢おり、J1の18チーム中ランクインしているのは11チームに。しかも首位川崎の優勝オッズ1.06倍ということで、もうほぼほぼ川崎優勝は既定路線となりつつある状況です。

2位セレッソ大阪でも10倍ですし、J1優勝オッズのマーケットは賭け対象としては勝負が決まりかけていると言って良いでしょう。

ちなみにこちらは今季開幕直前(日本時間の2月21日午前)でのオッズです。

2020年開幕前のウィリアムヒルのJ1リーグ優勝オッズのスクリーンショット

ちなみに昨季開幕時点でのマリノスの優勝オッズは21.00倍でしたので、今季開幕前でいうと名古屋~大分の間ぐらいの評価から下剋上を成し遂げたことになります。

2015/16シーズンにプレミアリーグで優勝したレスターの開幕前・優勝オッズが5,001倍でしたが、J1での最低評価は横浜FCの67倍なのでJリーグは上位と下位の戦力が拮抗したリーグであることが分かりますね。

上記のオッズは開幕前の前評価のものですが、当然シーズンが進むにつれオッズは変化していきます。首位との勝点差が開いたチームはオッズが上がり、上位に食い込むチームのオッズは下がっていきます。

リアルタイムでのJ1優勝オッズはこちら。

⇒ 2020 J1優勝オッズ|WilliamHill

 

あなたが予想する今季のJ1優勝チームはどこ?

さてここからは今季開幕時の優勝予想です。今見返すといろんな恥ずかしさがありますが、まぁそのまま残しておきますw



個人的な予想ですが、勢力図そのものは昨季とさほど大きくは変わらないと思うので、

  • 横浜F・マリノス
  • FC東京
  • 川崎フロンターレ
  • 鹿島アントラーズ

の4チームを主軸に、

  • セレッソ大阪
  • 柏レイソル

あたりが上位に喰い込んでくるかなぁという予想を立てています。C大阪、柏は前年からの積み重ねがあるので、上位食いのシーズンになるんじゃないかなと。

昨季からACLも含めて好調を維持して開幕を迎えたヴィッセル神戸怪我人が出ないこと、監督交代がないという条件が満たせれば上位の可能性は十分。

あと鹿島アントラーズは新型コロナウィルスによる長期中断をプラスに転換できたのか注目です。なにせ今季の鹿島はシーズン前は休暇も取れず、ACLもプレーオフで敗退しちゃいました。

監督交代や戦力の入れ替えも大きかったことから、例年に比べれば相当苦しいシーズンになるという前評判だったんで(言葉は適切ではないかもしれませんが)中断で最も恩恵を受けたチームかもしれません。

今季のJ1は降格がありません。

どれだけ負けても降格がないシーズンですが、下位チームのモチベーションにどう影響するかも難しいシーズンになりそうです。

 

2019シーズンの横浜F・マリノス優勝を予想した有識者は0

ちなみに昨季開幕前の時点でマリノス優勝を予想してた有識者は誰もいませんでした。

昨季の有識者の順位予想を振り返ると、マリノスの最上位を予想したのが杉山茂樹の8位、それ以外は軒並み2桁順位で、三浦泰年なんて最下位予想でした…(笑)。

どんな有識者であれ順位予想なんて基本的に絶対当たらないって分かってるんですが、優勝チームを最下位予想にしてるのはさすがにどうなんでしょうね。笑

さて、あなたの優勝予想はどこですか?

 

ブックメーカーでは誰でもJリーグにも賭けられる

ちなみにWilliamHill(ウィリアムヒル)などの海外ブックメーカーでは、18歳以上であれば日本人でも賭けに参加することができます。

サイトも日本語表記、日本円でのプレーも出入金も手軽に行うことができ、欧州サッカーはもちろん日本のJリーグ(J1~J2)、ルヴァンカップ、天皇杯、日本代表戦にも賭けられます。

ブックメーカーからJリーグへの賭け方の詳細は下記記事でまとめているので、「我こそは!」という猛者はぜひ一攫千金を狙ってチャレンジしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました