【採点】第1172回 toto予想ブログ/mini toto/toto GOAL

toto予想ブログのアイキャッチ画像

第1172回toto予想ブログです。

今節は順位が近いチーム同士の対戦が多く予想が難しかったですが、いくつか過去の戦績で偏った相性の対戦もありました。

中でも

  • FC東京×浦和レッズ
  • 横浜FC×川崎フロンターレ

の2試合は過去の戦績でアウェイ側絶対優位のデータが出ており、さらにブックメーカーでも高オッズが出ていましたので、toto以外に1発勝負で賭けたい方には超狙い目の試合になっています。

採点・追記

totoは7勝6敗、mini totoA組は3勝2敗、B組は2勝3敗、toto GOALは2勝4敗の惨敗でした…。妥当予想で行き過ぎてもなぁと思いつつ、相性も重視しつつで予想すると、どっちつかずの惨敗となってしまいました。。

第1172回 toto予想/mini toto /toto GOAL

toto
ホームアウェイ結果予想(太字本命)
仙台札幌0 ○10
鹿島横浜FM1 ×02
湘南1 ×2
神戸清水1 ○1
広島C大阪2 ○12
横浜FC川崎F2 ○2
名古屋鳥栖1 ×0
FC東京浦和1 ×02
G大阪大分1 ×2
山口琉球1 ○1
千葉東京V2 ○10
甲府大宮1 ○1
新潟山形0 ×2
購入金額:3,200円
⇒ 7勝6敗
mini toto A組
ホームアウェイ結果予想(太字本命)
仙台札幌0 ○10
鹿島横浜FM1 ×02
湘南1 ×2
神戸清水1 ○1
広島C大阪2 ○102
購入金額:1,200円
⇒ 3勝2敗
mini toto B組
ホームアウェイ結果予想(太字本命)
横浜FC川崎F2 ○2
名古屋鳥栖1 ×0
FC東京浦和1 ×02
G大阪大分1 ×02
山口琉球1 ○102
購入金額:1,200円
⇒ 2勝3敗
totoGOAL3
チーム結果予想(太字本命)
仙台2 ○012
札幌2 ×01
3 ×1
湘南2 ○12
神戸3 ×12
清水1 ×0
購入金額:2,400円
⇒ 2勝4敗

Twitter(@bukusaka)でも予想をつぶやいてます。

 

今節の注目試合

今節の注目試合は

  • FC東京×浦和レッズ
  • 横浜FC×川崎フロンターレ

の2試合。

FC東京×浦和レッズ

この試合はブックメーカーユーザーなら超ねらいどころ。03年後期以降、FC東京は浦和戦で過去4勝10分26敗とメチャクチャ相性が悪い。

最後に買ったのは7年前、FC東京が浦和に勝つのは10試合に1試合という条件で、ブックメーカーのオッズはこのようになってます。

Sportsbet.ioでのFC東京とラワレッズ戦のオッズ画面のスクリーンショット

  • FC東京:2.18倍
  • ドロー:3.40倍
  • 浦和:3.40倍

さらに

  • ドロー+浦和勝利のダブルチャンス:1.65倍

という高オッズが出ています。これだけの好相性で浦和勝利に1万円ベットで的中すれば24,000円のリターンですから、ここを狙わずしてどこを狙う!?という感じ。

今回のブックメーカーベットは浦和勝利に全力で行きますYO!

追記

浦和勝利を全力で行く予定だったんですが、Twitter()で投票を募ったところ、FC東京寄りの予想が思いの外多いことに戸惑いまして…

これは敗北フラグかと思い、FC東京勝利+ドローのダブル予想で置きにいった結果…

なんなんでしょう、この不完全燃焼感は。

 

横浜FC×川崎フロンターレ

今節はもう1試合、狙い所があります。

横浜FCは過去、川崎フロンターレ戦で1勝2分け19敗の負けっぷりです。ホームに限ると11戦して全敗となかなか珍しい相性の悪さです。

直近の対戦が2010年で、過去の戦績といっても2001年~2010年までの22試合なので過去のデータがどこまで有効かが微妙なところですが、しかしここまで負けるのは珍しい。

totoでは川崎勝利のシングル予想にしましたが、ブックメーカーのオッズは

  • 横浜FC:6.20倍
  • ドロー:4.40倍
  • 川崎:1.52倍

となっており、好相性の川崎勝利に1.52倍という高めのオッズが出てます。

10,000円ベットで的中すれば利益が5,200円の利益なんで、ブックメーカーで1発勝負で賭けるならこの試合は狙い目ですね。

追記

こちらは5-1で川崎フロンターレの勝利でした。こちらは賭けなかったんですが、どうせならこっちに賭けておけばよかった…。

 

  1. ヒロ より:

    初めまして。
    拮抗した難解な組み合わせばかりですね・・・
    個人的には鹿島がそろそろ勝つだろうと注目してます!

タイトルとURLをコピーしました