UEFA EURO2020|ユーロ2020優勝予想オッズ/ブックメーカー発表

UEFA EURO2020の公式ロゴ

2021年6月に欧州11ヶ国で分散開催されるUEFA EURO2020の優勝オッズをご紹介します。本来は2020年6月に開幕予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で1年間の延期が決定。

開催都市の若干の変更がありつつも欧州11ヶ国分散開催で、観客動員も最低25%~を保証し、一部制限をかけつつも実際に観客を入れて試合開催を行う見込みです。

チャンピオンズリーグ決勝もポルトガルにて観客動員ありで試合が開催されており、ようやく血の通った臨場感のあるサッカーが戻ってきます!

この記事ではEURO2020の優勝オッズや優勝予想、私が実際にブックメーカーで1万円をとある国の優勝に賭けたことにも触れているので、ぜひ大会の参考にしてみてください!

ユーロ2020の視聴方法についてはコチラ。大会期間中だけのWOWOW短期加入なら、2ヶ月契約の総額2,530円でユーロ全試合を視聴し放題にできます。

euro2020のロゴが映るテレビとビール2本

⇒ 総額2,530円だけでEURO2020見放題!
WOWOW2ヶ月短期契約の裏ワザ

 

 

ブックメーカー発表!EURO2020 優勝予想オッズ

UEFA EURO2020の全24ヶ国のバナー

大会開幕のちょうど3日前、2021年6月9日時点で発表されているEURO2020優勝オッズがこちら。出典元は日本でもおなじみ、海外ブックメーカー大手のWilliamHillです。

今大会の出場全24ヶ国のオッズです。

順位国名オッズ
1フランス5.50倍
2イングランド6.00倍
3ベルギー7.00倍
4ポルトガル9.00倍
ドイツ
スペイン
イタリア
8オランダ15.00倍
9デンマーク29.00倍
10クロアチア34.00倍
11トルコ51.00倍
12スイス76.00倍
13ポーランド81.00倍
14スウェーデン101.00倍
ロシア
ウクライナ
17チェコ126.00倍
オーストリア
19ウェールズ151.00倍
20スロバキア251.00倍
スコットランド
22ハンガリー401.00倍
23北マケドニア501.00倍
フィンランド

世界王者フランスがトップ。次いでイングランド、フランス、ベルギーが続き、ドイツ、ポルトガル、スペイン、イタリアが同列評価で、その下にオランダ。

前回王者のポルトガルは全体4位タイのオッズ9.00倍、W杯準優勝のクロアチアは10位34.00倍となっています。

日本国内の雑誌や報道を見ていると、優勝候補の本命と目されている国々が、

  • フランス
  • ポルトガル
  • イングランド
  • ベルギー

の第1グループで、アウトサイダー(挑戦者)の位置付けとされているのが

  • ドイツ
  • スペイン
  • イタリア
  • オランダ

あたりです。この中でも今大会の前評判が低いのが、

  • ドイツ
  • クロアチア

の2チームで、クロアチアは世代交代の失敗が特に叫ばれています。

ドイツは前評判が低いときほど好成績を出したりしますし、スペインも含めてメンバーの豪華さは随一なので、前評判が低いと言ってもベスト4進出ぐらいは平常運転で成し遂げそうですが…。

優勝オッズでイングランドが高評価なのは、戦力面だけでなく地元ロンドンでの試合開催が多い(GL3試合+決勝Tでは最大3試合がロンドンで戦う)点も考慮されてます。

今大会のEUROは分散開催とはいえ、グループリーグと準決勝以降はロンドン・ウェンブリー・スタジアムでの開催なので、実質ほぼ地元開催みたいなものですし。

 

開催状況が読めない中、個人的にはポルトガルに注目

前回大会は完全なるダークホースとしてノーマークから優勝してしまったポルトガルですが、今大会はマジで選手が揃ってます。

今大会のEUROメンバーシップ26名の顔ぶれを見てみてください。

▼GK
アントニー・ロペス(リヨン/フランス)
ルイ・パトリシオ(ウルヴァーハンプトン/イングランド)
ルイ・シルヴァ(グラナダ/スペイン)

▼DF
ジョアン・カンセロ(マンチェスター・C/イングランド)
ネルソン・セメド(ウルヴァーハンプトン/イングランド)
ジョゼ・フォンテ(リール/フランス)
ペペ(ポルト)
ルベン・ディアス(マンチェスター・C/イングランド)
ヌーノ・メンデス(スポルティング)
ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント/ドイツ)

▼MF
ダニーロ・ペレイラ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジョアン・パリーニャ(スポルティング)
ルベン・ネヴェス(ウルヴァーハンプトン/イングランド)
ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・U/イングランド)
ジョアン・モウティーニョ(ウルヴァーハンプトン/イングランド)
レナト・サンチェス(リール/フランス)
セルジオ・オリヴェイラ(ポルト)
ウィリアム・カルヴァーリョ(ベティス/スペイン)

▼FW
ペドロ・ゴンサウヴェス(スポルティング)
アンドレ・シルヴァ(フランクフルト/ドイツ)
ベルナルド・シルヴァ(マンチェスター・C/イングランド)
クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス/イタリア)
ディオゴ・ジョッタ(リヴァプール/イングランド)
ゴンサロ・グエデス(バレンシア/スペイン)
ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ラファ・シウヴァ(ベンフィカ)

つ、強い…

出場24ヶ国のうち、メンバーの豪華さでいうとフランス、ポルトガル、イングランド、ドイツあたりが揃っていて、次いでスペイン、イタリア、オランダが続く感じ。

前回大会は初戦から決勝まで90分勝利がたった1試合しかないのに優勝してしまいましたが、今大会は優勝争いの本命として挑みます。戦力の充実度は前回大会以上ですので、地元でも期待の声が大きいはず。

 

私はフランス優勝に10,000円ベット

ポルトガルびいきなことを言いましたが、私はフランス優勝に10,000円をベットしました!

WilliamHillではオッズ5.50倍でしたが、Sportsbet.ioではオッズブーストを使って6.29倍でしたんで、ここに1万円をベット!実際の明細がこちら。

EURO2020のフランス優勝(6.29倍)に1万円を賭けたSportsbet.ioでの明細のスクリーンショット

的中すれば10,000円が62,900円に。うはー!

メンバーの豪華さは大会随一。ベンゼマが6年ぶりに代表に電撃復帰を果たしたのが吉と出るか凶と出るか。

▼GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)
マイク・メニャン(リール)
スティーブ・マンダンダ(マルセイユ)

▼DF
リュカ・ディニュ(エヴァートン/イングランド)
レオ・デュボア(リヨン)
リュカ・エルナンデス(バイエルン/ドイツ)
プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)
ジュール・クンデ(セビージャ/スペイン)
クレマン・ラングレ(バルセロナ/スペイン)
バンジャマン・パヴァール(バイエルン/ドイツ)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/スペイン)
クル・ズマ(チェルシー/イングランド)

▼MF
エンゴロ・カンテ(チェルシー/イングランド)
トマ・レマル(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ポール・ポグバ(マンチェスター・U/イングランド)
アドリアン・ラビオ(ユヴェントス/イタリア)
ムサ・シソコ(トッテナム/イングランド)
コランタン・トリッソ(バイエルン/ドイツ)

▼FW
ウィサム・ベン・イェデル(モナコ)
カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード/スペイン)
キングスレイ・コマン(バイエルン/ドイツ)
ウスマン・デンベレ(バルセロナ/スペイン)
オリヴィエ・ジルー(チェルシー/イングランド)
アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ/スペイン)
キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)
マルクス・テュラム(ボルシアMG/ドイツ)

このメンツなら優勝もありえるでしょ。答え合わせは1ヶ月後の7月12日です。

 

さて、あなたはどこが優勝すると思いますか?

海外ブックメーカーは日本在住者でも参加できるので、もし関心がある方は試合観戦を楽しみながらサッカーギャンブルにも挑戦してみてはいかがでしょうか。日本で人気の高いブックメーカーはこちら。

おすすめ人気のブックメーカー

おすすめ・人気ブックメーカーはこちら

 

グループA/決勝トーナメント進出オッズ

ここからは各グループの決勝トーナメント進出オッズをご紹介します。

グループは上位2ヶ国+各組3位の全6ヶ国のうち上位4ヶ国の合計16ヶ国が決勝トーナメントに進出します。

まずはグループA。

国名オッズ
イタリア1.05倍
トルコ1.57倍
スイス1.57倍
 ウェールズ1.83倍

このグループはイタリアのローマとアゼルバイジャンのバクーの2都市で開催されるので、地元となるイタリアが高評価。

 

グループB/決勝トーナメント進出オッズ

ロシアのサンクトペテルブルクとデンマークのコペンハーゲンで開催予定。地元2カ国を差し置いてベルギーが圧倒的トップ。

国名オッズ
ベルギー1.05倍
デンマーク1.22倍
ロシア1.40倍
フィンランド3.50倍

 

グループC/決勝トーナメント進出オッズ

オランダ(アムステルダム)とルーマニア(ブカレスト)で開催。地元で試合ができるオランダが有利です。

国名オッズ
オランダ1.03倍
ウクライナ1.30倍
 オーストリア 1.36倍
 北マケドニア 3.50倍

 

グループD/決勝トーナメント進出オッズ

ロンドン(イングランド)とグラスゴー(スコットランド)で開催。イングランドはともかく、スコットランドは地元ながら厳しいオッズに。

国名オッズ
イングランド1.02倍
クロアチア1.33倍
 チェコ 1.91倍
 スコットランド 2.10倍

 

グループE/決勝トーナメント進出オッズ

セビージャ(スペイン)とサンクトペテルブルク(ロシア)で開催予定。もともとビルバオ(スペイン)とダブリン(アイルランド)で開催予定でしたが、開催地が変更されまいた。

ここはスペインが圧倒的な存在で、ポーランドとスウェーデンが2位を争う構図。

国名オッズ
スペイン1.02倍
ポーランド1.44倍
 スウェーデン1.53倍
 スロバキア 2.50倍

 

グループF/決勝トーナメント進出オッズ

ミュンヘン(ドイツ)とブダペスト(ハンガリー)で開催予定。死の組で生き残るのはどこか?

国名オッズ
フランス1.10倍
ドイツ1.11倍
 ポルトガル 1.33倍
 ハンガリー 6.00倍

 

ブックメーカーに参加したい方はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました