【5分でわかる】「bet365」スマホアプリの利用方法とメリット|いつでもどこでもスポーツベットをするならアプリ版bet365がおすすめ

「実はbet365をうまく使いこなせていないのではないか?」と、感じているのではないでしょうか。

bet365はサイトだけではなく、アプリも合わせて活用することで、より楽しく遊ぶことができます。

特にライブストリーミングを視聴しながら、リアルタイムで場所を選ばずに楽しみたい人におすすめです。

本記事ではbet365公式アプリのダウンロード方法や、利用方法などを分かりやすく解説しています。

最後まで読んで頂くことで、bet365公式アプリの活用方法が理解できるはずです。

bet365の公式スマホアプリの利用・ダウンロード方法

bet365公式アプリは、Android版とiPhone版がそれぞれリリースされているため、誰でも気軽にダウンロードが可能です。

ただし、iPhone版の方はiosではbet365がダウンロードできない仕様になっているため、iPhoneの設定住所を海外にする必要があります。

その後は、他のアプリと同じようにストアからダウンロードが可能です。

Android版のダウンロード方法

Android版のスマホをお使いの方は、5つのステップでダウンロードが可能です。

  1. bet365にログインする
  2. “View all bet365 apps”をタップする
  3. “Sports”のアプリを選択する
  4. Androidの設定画面を開く
  5. アプリをインストールする

注意点としては、アプリストアからダウンロードせずに、bet365の公式サイトから直接ダウンロードすることです。

また、ログインしなければアプリのダウンロードを行うための”View all bet365 apps”が、表示されませんのでご注意ください。

iPhone版のダウンロード方法

iPhone版の場合は、ダウンロードの前準備としてはじめに、ご自身のiPhoneの住所設定を海外に変更しなければいけません。

  1. スマホ画面から”設定”を選択
  2. “iTunes Store とApp Store”をタップ
  3.  自身の”Apple ID”をタップ
  4. “Apple ID”を表示をタップ
  5. “国と地域名”をタップ
  6. 国と地域名を日本以外に設定する(イギリスなど)
  7. 規約に同意する
  8. 支払い方法を選択した後に、住所を入力

iPhoneの住所変更が完了したら、ストアからダウンロードが可能になります。

無事にbet365公式アプリがダウンロードできた後は、再度iPhoneの設定住所を元に戻しましょう。

サイトとの違いは?

bet365アプリとサイトとの違いは、画面の表示速度がアプリの方が若干早いことにあります。

その他、スマホアプリですので場所や時間を選ばずに自由にライブストリーミングを楽しんだり、瞬時に気になるチームにベットしたりすることができます。

面倒な入金や問い合わせ等も、スマホアプリから簡単にできるようになっているため、利便性に関してもアプリの方が上だと言えるでしょう。

bet365アプリのメリット

  1. ライブストリーミングをどこでも見ることができる
  2. 他のブックメーカー に比べて動作が重くならない
  3. iPhone、Androidに対応

bet365アプリの最大のメリットは、ライブストリーミングがどこでも見れて、簡単にスマホから気になるチームにベットできるところにあります。

まだ、アプリ版を利用されていない人は、機会損失していると言っても過言ではないでしょう。

ライブストリーミングをどこでも見ることができる

bet365アプリは、安定した通信速度を保ってくれるため、どこでもライブストリーミングをストレスなく視聴することができます。

年間約5万イベント以上のスポーツを会員のみに対して、無料で配信しているため、会員の方は利用しない手はないでしょう。

他のブックメーカー に比べて動作が重くならない

bet365アプリは他のブックメーカーアプリに比べて、動作が途中で重くなったりしません。

どうしても動画などを視聴していると、途中で回線が重くなることが多々あると思います。

しかし、bet365アプリは他と比較してもかなり安定しています。

iPhone、Androidに対応

海外のブックメーカーアプリは、基本的にAndroidには対応しているけれども、iPhoneには対応していないなんてことが多々あります。

しかし、bet365アプリはどちらにも対応しているため、誰でも気軽にアプリをダウンロードして楽しむことができます。

bet365は日本語に対応していないので注意

bet365の唯一のデメリットとしてよく挙げられるのが、“日本語に対応していない”ということです。

サイトもアプリもまだ日本語には対応していないため、特にアプリを活用する人はある程度の英語スキルが必要となります。

ただ、サイトの方はGoogle翻訳機能を活用することで、簡単に日本語に置き換えが可能ですので安心してください。

アプリ版があるブックメーカー

  1. 1xBET
  2. William Hill
  3. Pinnacle
  4. sportsbet.io(Android版のみ)

bet365以外の代表的なブックメーカーの中で、アプリ版をリリースしているところをピックアップしました。

それぞれ特徴が異なりますので、利用前にご自身でもサイトを確認した上で、活用を検討してみてください。

1xBET

1Xbet(ワンバイベット)のロゴ

メリット:18種類の仮想通貨に対応している
デメリット:日本語の和訳がイマイチである

1xBETは2007年からサービスを開始している、ブックメーカーをメインとした、オンラインカジノです。

53ヶ国語で運営されており、世界的にも有名なブックメーカーの一つとして数えられます。

ブックメーカー好きな人なら、誰しも登録しておいて損はないでしょう。

William Hill

MuchBetter(マッチベター)のロゴ

メリット:日本人スタッフが在籍している
デメリット:ライブストリーミング映像のサービスがない

William Hillは、他のブックメーカーと比較して日本語化に対しても、随分進んでいるメーカーの一つです。

ただ、大きな欠点としてはライブストリーミング映像のサービスがないため、スマホアプリで楽しむことができません。

その他、入金・出金の手段が少ないことも、デメリットとしてよく挙げられます。

ウィリアムヒル |WilliamHillの評判・入出金概要
日本語・日本円対応のブックメーカー、WilliamHill(ウィリアムヒル)を紹介します。日本人ユーザーが多く利用している世界大手のブックメーカーで、ロンドン市場に上場する世界的大企業です。日本人スタッフによる日本語サポートも完備しており、初心者からヘビーユーザーまで多くの日本人ユーザーに利用されています。

Pinnacle

メリット:業界でもトップクラスの高オッズ
デメリット:ボーナスやプロモーションがない

Pinnacleは、業界でもトップクラスの高オッズを提供している有名なブックメーカーです。

その他、ベットの上限額が高いことも、利用者にとっては嬉しいポイントでしょう。

ただし、Pinnacleでは、他のブックメーカーによくある入金ボーナスや、フリーベット支給などの新規プレイヤーに対しての特典はありません。

ピナクル-Pinnacle
Pinnacle(ピナクル)は高オッズ・上級者向けのブックメーカーです。マックスベット規制なし、入金額の3倍の金額を累計でベッティング(賭け)しないと引き出しができない「最低引き出し条件」もございます。

sportsbet.io(Android版のみ)

メリット:仮想通貨や日本円に対応している
デメリット:iPhone版に対応していない

sportsbet.ioは、ブックメーカーの中ではもっとも先進的なメーカーです。

仮想通貨や日本円などでも気軽にベットすることができるようになっており、ライブストリーミングにもしっかりと対応しています。

ただし、アプリの方はAndroid版のみ対応となっているため、iPhoneをお使いの人は利用できません。

スポーツベットアイオー|Sportsbet.ioの評判・入出金概要
スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)は仮想通貨を賭けで増やせ、スポーツ中継をストリーミング配信で無料視聴できる多機能性が魅力の新興ブックメーカーです。入出金方法や会社情報、登録方法などをご紹介。

いつでもどこでもベットできる「bet365」はおすすめ

bet365はサイトとアプリの両方を使いこなすことで、より楽しく活用できることがお分かり頂けたと思います。

実際にbet365のアプリ版には、大きく分けて3つのメリットがありました。

  1. ライブストリーミングをどこでも見ることができる
  2. 他のブックメーカー に比べて動作が重くならない
  3. iPhone、Androidに対応

まだ、bet365のアプリ版をご利用にない方は、是非ともこの機会に活用を検討してみてください。

bet365の評判・入出金概要
ブックメーカー最大手のbet365の概要についてご紹介します

>> bet365に登録する
-登録5分!最大7,000円分のボーナスが貰える!-

タイトルとURLをコピーしました