【採点】第1142回toto予想/mini toto&totoGOAL

totoのアイキャッチ画像

第1142回toto予想です。今回からブンデスリーガ、プレミアリーグのカードが対象となった海外totoです。

海外の試合は対戦成績などデータが取りにくいですが、「ブックメーカーのサッカー予想に役立つデータサイト&おすすめ本」で紹介しているtransfer marktというサイトが非常に使いやすいです。

また欧州試合なのでブックメーカー(WilliamHill)のオッズ情報や、ブックメーカーでの様々な賭け方にも触れているので、ぜひ予想の参考にしてみてください。

12月16日採点追記
totoは9勝4敗、mini totoはA組B組ともに4勝1敗、toto GOALは4勝2敗で全て当選まであと1つというニアピンでした…。

第1142回 toto予想/mini toto /toto GOAL

toto
No.ホームアウェイ予想
1バイエルンブレーメン1 ◎
2マインツドルトムント2 ◎
3ヘルタフライブルク×02
4パーダーボルンウニオン0 ◎2
5フォルトナライプツィヒ2 ◎
6ケルンレヴァークーゼン×02
7ヴォルフスブルクボルシアMG1 ◎2
8シャルケフランクフルト1 ◎
9バーンリーニューカッスル1 ◎
10サウザンプトンウェストハム12 ◎
11リヴァプールワトフォード1 ◎
12チェルシーボーンマス1×
13レスターノリッチ1×
購入金額:3,200円
→ 9勝4敗 
mini toto A組
Noホームアウェイ予想
1バイエルンブレーメン1 ◎
2マインツドルトムント2 ◎
3ヘルタフライブルク×02
4パーダーホルンウニオン0 ◎2
5フォルトナライプツィヒ2 ◎
購入金額:400円
→ 4勝1敗
mini toto B組
Noホームアウェイ予想
1ケルンレヴァークーゼン×02
2ヴォルフスブルクボルシアMG1 ◎2
3シャルケフランクフルト1 ◎
4バーンリーニューカッスル1 ◎2
5サウザンプトンウェストハム2 ◎
購入金額:800円
→ 4勝1敗
totoGOAL3
Noチーム予想
1バイエルン23 ◎
2ブレーメン0×
3マインツ0 ◎1
4ドルトムント12×
5フォルトナ0 ◎
6ライプツィヒ23 ◎
購入金額:1,600円
→ 4勝2敗

 

※ 予想結果コメント追記

ダブル予想2つ外したのが痛すぎる。最下位のケルン勝利は波乱の雰囲気はあったものの、予想しきれませんでした。あとヘルタ勝利も。

プレミアリーグはレスターの引き分け、チェルシー敗戦も外しました。チェルシーも過去ホームでボーンマスに2敗してたので雰囲気はあったのですが、詰めが甘かった。

欧州はチーム力に差があるチーム同士の試合が多いので比較的順当に行った方だと思いますが、ビッグクラブの予想をいかに抑えるかが当選金も大きさも含めて重要になってきますね。

 

 

各試合コメント

主要試合だけですが、各試合の予想コメントです。

ブックメーカー、過去の対戦成績、直近の対戦状況など色んなところからデータを引っ張りだして予想してみました。

バイエルン × ブレーメン

バイエルン勝利のシングル予想。

対戦成績を見てビックリ、現在バイエルンはブレーメンに対し20連勝中。同一カード20連勝とか初めて見たわ。シーズン折り返し前で7位と不調のバイエルンですが、ホーム戦だしさすがにここまで相性が良いと勝利は固いかな?

ちなみに海外ブックメーカーのWilliamHillではバイエルン勝利に1.15倍、ブレーメン勝利は17.00倍のオッズがついているので、波乱予想を狙う人はtotoよりブックメーカーで賭ける方がリターンが大きいよ!

マインツ × ドルトムント

ドルトムント勝利のシングル予想。

対戦成績は11/12シーズン以降16試合でドルトムントの13勝1分2敗、その間のアウェイ戦では6勝1分1敗。

まぁチーム力の差がそのまま勝敗に出てる感じなんですが、引き分けが少ないのは頭に入れておきたい材料かも。

WilliamHillのオッズはドルトムント勝利に1.60倍、ドロー4.20倍、マインツ勝利に5.25倍。アウェイなのでドルトムントのオッズがやや高めですが、これだけ好相性だと1.60倍のオッズも「美味しいオッズ」と言えるかも。

ケルン × レヴァークーゼン

レヴァークーゼン勝利、引き分けのダブル予想。

ここ数年ケルンは2部落ちも経験するなど低迷期を迎えており今季も最下位。ただし11/12シーズン以降の直近10試合では4勝3分3敗と意外にも互角の戦績。

toto投票率は6割以上がレヴァークーゼンになってるけど、直近の対戦でも2-0でケルンが勝利(2018年3月)しているので、波乱の雰囲気は十分にありそう。(→ケルン勝利で波乱が起きた)

ただし、ケルンはリーグ戦直近5試合で1分4敗、2勝2分10敗の最下位に沈んでいるのが気がかり。

 

ヴォルフスブルク × ボルシアMG

ヴォルフスブルク勝利、ボルシアMG勝利のダブル予想。

チーム状況はヴォルフスブルクがここ5試合で1勝4敗の9位、ボルシアMGが4勝1敗の首位と好対照なのですが、対戦成績が予想を難しくしています。

直近16試合ではヴォルフスブルクの7勝4分5敗、しかもその間のホーム戦では5勝3分とあって、ホーム戦ではまぁ相性が良いと言える。

toto投票率は半数以上がボルシアMGに入っていますが、ブックメーカーのオッズはむしろヴォルフスブルクに有利な数字を出しており、どこに転んでもおかしくない試合だと言えます。

 

シャルケ × フランクフルト

シャルケ勝利のシングル予想。

直近15試合ではシャルケの3勝5分7敗と劣勢ですが、その間のホーム戦では3勝2分3敗と互角。チーム状況が上向きのシャルケ、下向きのフランクフルトということで、シャルケ勝利を予想しました。

WilliamHillでもシャルケ優勢のオッズが出ています。

 

リヴァプール × ワトフォード

リヴァプール勝利のシングル予想。

首位と最下位の対戦。もしワトフォードが勝つか引き分ければ大変なことになる。直近10試合は8勝1分1敗でリヴァプールが大きくリード。

唯一の敗北は2015年のアウェイ戦(●0-3)ですが、ホーム・アウェイに関わらずリヴァプールが3得点以上とった試合が6試合あり、5点差ついた試合が3試合もあります。

ブックメーカーでは勝敗オッズも低く旨味がないので、リヴァプールの得点数(○点以上など)に賭けてリスクと取ってリターンを取りに行くのが良さそう。

 

チェルシー × ボーンマス

チェルシー勝利のシングル予想。

直近12試合でチェルシーの9勝3敗、引き分け0。ただしチェルシーは過去ホームでボーンマスに2敗しているのが気がかり。

あとここ数試合は上位対決が多かったとは言え、リーグ戦ここ5試合で2勝3敗と黒星先行しているので、「事故」の雰囲気は0じゃない。

でもやっぱりチェルシー勝つかなぁって感じ。ホームだし。

 

 

タイトルとURLをコピーしました