21-22 UEFAヨーロッパリーグリーグ優勝予想オッズ【西岡明彦が準決勝を展望】 | ブクサカ

21-22 UEFAヨーロッパリーグリーグ優勝予想オッズ【西岡明彦が準決勝を展望】

UEFAヨーロッパリーグ優勝オッズ記事のアイキャッチ画像

UEFAヨーロッパリーグの準決勝進出チームが決まり、ブックメーカーから1stレグの勝敗オッズ、決勝進出オッズと優勝オッズが発表されています。

ライプツィヒ、レンジャーズ、ウェストハム、フランクフルトが残っている今季のヨーロッパリーグの優勝展望について、今回も西岡明彦氏に展望を聞きました。

西岡明彦

スポーツコメンテイター。

青山学院大学卒業後に広島ホームテレビ(テレビ朝日系列)に入社、アナウンサーとして勤務する。1998年に同社を退社し英国へ留学、プレミアリーグの醍醐味に魅了される。帰国後、Jリーグをはじめ、プレミアリーグ、セリエA、UEFAチャンピオンズリーグなどの実況を務めるなど、サッカー専門のコメンテイターとして活動している。

西岡明彦をフォローする

取材・編集:永田淳(ブクサカ編集部)/取材日:2022年4月22日

 

ヨーロッパリーグ優勝オッズ:縦への速さに注目の展開を制すのは、シーズン途中の監督交代で調子を上げている優勝はライプツィヒと予想

海外ブックメーカー、ウィリアムヒル社が発表しているUEFAヨーロッパリーグの優勝予想オッズを紹介します。このオッズをもとに、西岡氏に予想を伺いました。

チーム名 優勝オッズ
1 ライプツィヒ 2.10倍
2 ウェストハム 2.75倍
3 フランクフルト 6.50倍
4 レンジャーズ 7.50倍

提供オッズは日々刻々と変化しております。最新版オッズは以下、WilliamHill(ウィリアムヒル)社の実際のオッズマーケット画面にてご確認ください。

最新版オッズ
UEFAヨーロッパリーグ|WilliamHill

ZOOMでお話する西岡明彦氏

優勝予想は圧倒的にライプツィヒです。

今シーズン当初はマーシュ監督が新しいことをやろうとしたけどうまくハマらず、結果も出ませんでした。サイドから攻撃をしようとしていたが、そういったタレントがいなかったことも影響したと思います。

12月にテデスコ監督になって、中央で縦に速い攻撃をもう一度選手たちに思い出させ、そこにデテスコの色が加わり以前のやり方に戻った印象です。

今年に入ってからはバイエルン戦での1敗しかしていなくて、成績は相当良く、半年遅れで自分たちの自信を取り戻した状態だと思います。

前線のタレント、特にエンクンクは強烈で、彼とその周りの関係性もすごく良い。高い位置でボールを奪って素早く攻めるというのは、ライプツィヒがもともと持っている特長なので、そこで仕事のできる選手が揃っているこのチームが決勝に進んでタイトルまで獲得するのではないでしょうか。

シーズン最初からこの体制だったら、ELではなくCLでも良いところまでいっていたと思いますし、ブンデスリーガでも優勝争いをしていたのではないかと思います。それぐらいのチームだと思っています。

ZOOMでお話する西岡明彦氏

ウェストハムとは拮抗するとは思います。

ウェストハムには身体が強いセンターバックもいますし、ある程度戦える。ただ、攻撃のクオリティ、アイデアではライプツィヒが上回っています。

エンクンクがいるチームといないチームではその差は仕方ないですし、ウェストハムにはランシーニがいますがエンクンクと比べると少し物足りないですね。エンクンクは、チャンスメイクもできてゴールも決められる、デ・ブライネ級の選手です。

トップでもトップ下でも高いレベルの仕事ができて、ビッグクラブに引き抜かれる実力をここでも見せてもらいたいと思います。

近年はスペイン勢が強かったヨーロッパリーグですが、ライプツィヒ、ウェストハムといった縦に速い特徴を持ったチームが勝ち上がっていて、チャンピオンズリーグとは違った色が出ているので、そのあたりを楽しみに観てもおもしろいのではないでしょうか。

 

EL準決勝 ライプツィヒ vs レンジャーズ戦オッズ

1st 勝敗 決勝進出
ライプツィヒ 1.36倍 1.25倍
ドロー 4.75倍
レンジャーズ 8.50倍 3.75倍

ライプツィヒはホームの1戦目で勝負を決めにかかるような戦いをしてくるのではないかと思います。

国内リーグでの優勝はなくなっているので、来季のUEFAチャンピオンズリーグの出場権だけ獲得できる4位に入ることを重要と考えれば、この戦いに集中でき、準備を整えられるというのは大きいと思います。

オッズでも示されているように、レンジャーズとは圧倒的と言える差があると思っています。

 

EL準決勝 ウェストハム vs フランクフルト戦オッズ

1st 勝敗 決勝進出
ウェストハム 1.85倍 1.44倍
ドロー 3.50倍
フランクフルト 4.20倍 2.62倍

この試合はウェストハム優位だと思っています。

フランクフルトは自分たちでゲームをコントロールできるチームではなくて、相手が持っているボールを奪って素早く攻める堅守速攻スタイルなので、バルセロナのようにポゼッションしている相手にはハマることもあります。

しかしブンデスリーガの下位チームとの試合で、相手に引いてブロックをつくって守られると、自分たちで崩すアイデアはそんなにありません。

相手が前に出てきてくれた方がやりやすいチームでしょう。左からコスティッチが仕掛けてクロスを入れたり、前から奪いに行ってヴォレがガンガン動いて奪いに行くことで良い形をつくることができるかどうか。

自分たちで保持して崩していくイメージはあまりないので、そのあたりが注目ポイントですが、今回の相手のウェストハムは、自分たちでボールを持つ相手ではないので、フランクフルトにとっては難しい相手ではないかなと思っています。

ZOOMでお話する西岡明彦氏

一方のウェストハムは、フィジカルとセットプレーに強みがあります。

前線にアントニオという強力な選手がいて、イングランドスタイルでガンガン攻めるタイプのチームですね。フランクフルト同様、ゆっくりボールを持つタイプでもないので、こちらもカウンターやセットプレーの強さが出せるかどうかになるでしょう。

フランクフルトとの試合ではカウンター対カウンターの展開も予想されますが、カウンターの質で言えばウェストハムのほうが上だと思います。

タイトルとURLをコピーしました