BeeBet|ビーベットの登録方法【10ドル入金不要ボーナスあり】 | ブクサカ

BeeBet|ビーベットの登録方法【10ドル入金不要ボーナスあり】

BeeBet(ビーベット)のアカウント登録画面の解説スクリーンショット(PC画面)

ビーベット(BeeBet)のアカウント登録方法について、画像に沿ってご紹介します。日本円に未対応で、アカウント通貨は米ドルのみのブックメーカーです。

また、ビーベットには10ドルのスポーツ専用入金不要ボーナスがあります。当サイトではビーベットを利用非推奨にしておりますが、利用の際はご自身の判断でお願い致します。

>> BeeBet【公式】

BeeBet|ビーベットの入金不要ボーナスの受け取り方法

BeeBet(ビーベット)の入金不要ボーナスバナー

BeeBet公式サイトより引用

ビーベットではアカウント登録だけで貰えるスポーツブック向けに10ドルの入金不要ボーナスを提供しています。入金不要ボーナスを受け取るには、アカウント登録時のプロモーションコード欄に「10SPORTS」を入力するだけ。

フリーベットの有効期限は受け取りから10日間。必ず新規登録時のボーナスコード欄に10SPORTSのコードを入力の上でご登録下さい。

 

BeeBet|ビーベットのアカウント登録方法

まずは簡単に、ビーベットの新規登録方法がこちら。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 「登録」ボタンをクリック
  3. 登録フォームに必要事項を入力
  4. 電話番号認証
  5. アカウント登録の完了

所要時間は3分足らず。アカウントの登録時には、本人確認書類の提出も要りません。(※出金申請時に必要)

下記リンクよりビーベットにアクセスし、アカウント登録を進めましょう。

>> BeeBet【公式】

 

公式サイトにアクセスすると、右上にある「登録」ボタンをクリックし、アカウント登録画面へ進みます。

BeeBet(ビーベット)のアカウント登録画面の解説スクリーンショット(PC画面)

登録フォームに、以下の情報を入力して下さい。

  • ユーザーID(半角英数)
  • 名前(ローマ字)
  • 誕生日
  • メールアドレス
  • 携帯電話番号

ユーザーIDは後から変更が出来ません。他のユーザーにも公開される為、個人情報以外での設定をおすすめします。お名前、誕生日はご自身のものをご登録下さい。出金時に本人確認書類の登録が必要になります。

電話番号はSMSによる認証コードの受け取りが必要となるため、必ず携帯電話の番号をご登録下さい。

BeeBet(ビーベット)のアカウント登録画面の解説スクリーンショット(PC画面)

引き続き、以下の情報を入力・選択して下さい。

  • パスワード(半角英数字)
  • パスワードの再入力
  • プロモーションコード
  • 利用規約の同意

パスワードは、大文字/小文字/数字を全て使用した8〜20字以内で設定します。

※スポーツ用入金不要ボーナス(10ドル)を受け取り希望の方は、必ずプロモーションコード欄に「10SPORTS」をご入力下さい。プロモーションコードを入力し忘れた場合、後から入金不要ボーナス受け取ることが出来ません。

利用規約の同意にチェックが入っていることを確認し、「アカウント作成」ボタンをクリックします。

BeeBet(ビーベット)のアカウント登録画面の解説スクリーンショット(PC画面)

「認証 電話番号」の画面に切り替わると、SMS(メッセージアプリ)宛に、ビーベットより4桁の認証コードが届きます。

空欄に認証コードを入力し、「認証」ボタンを押して下さい。

BeeBet(ビーベット)のアカウント登録画面の解説スクリーンショット(PC画面)

電話番号認証が終わると、ビーベットのアカウント開設の完了です。

BeeBet(ビーベット)のアカウント登録画面の解説スクリーンショット(PC画面)

アカウント登録ができたら、次はBeeBet(ビーベット)の入金方法の解説です。ビーベットは最初10ドルからの入金可能です。

BeeBet|ビーベットの入金方法とボーナス詳細|銀行振込・クレジットカード・仮想通貨
当記事ではビーベット(BeeBet)の入金方法と、初回入金ウェルカムボーナスについてご紹介。ビーベットには以下7通りの入金方法、クレジットカード/デビットカード(MasterCard、JCB、VISA)、銀行振込(インターネットバンキング決済、銀行振込、イーウォレット)、仮想通貨(ビットコイン)、ecoPayz(エコペイズ)、VegaWallet(ベガウォレット)、MuchBetter(マッチベター)、E-WALLET(イーウォレット)、※VISAカードは現在一時的に利用不可です。
タイトルとURLをコピーしました