【2019年版】ウィリアムヒル-William Hill-のやり方・始め方/初心者向け

ウィリアムヒルの始め方のTOPバナー画像

世界最大手のスポーツブックメーカー、ウィリアムヒル(William Hill)をやり方、始め方の全手順を画像つきで解説します。

この記事では初めてブックメーカーを利用する初心者を対象に、ウィリアムヒルの始め方をガイドライン的にまとめました。各段階で必要な各作業のやり方はリンク先の個別記事で解説しています。

ウィリアムヒルは18歳以上であれば日本からでも誰もが気軽に参加することができます。

実際にウィリアムヒルで賭けを楽しむには


  1. アカウント登録
  2. 入金

の2つの作業が必要で、早ければ2~3時間ほどで全ての作業を終えることが出来ます。

作業自体はすごく単純かつ簡単ですので、初心者でも迷うことなく始められると思いますよ。

さらに今なら新規登録者向けに最大2万円のフリーボーナスが貰えるキャンペーンが期間限定で開催されているので、新規登録をご検討中の方はお早めに!

ウィリアムヒル利用の全体図

まず日本から私たちがウィリアムヒルを利用するときの全体図をご覧ください。

ウィリアムヒルのお金の流れを示した全体利用イラスト

私たちはウィリアムヒルに直接入金することはせず、エコペイズ(ecoPayz)という中間決済サービスを経由して、ウィリアムヒルのアカウントにお金を移動させます。

ウィリアムヒルで儲かったお金を出金する時も同じで、

ウィリアムヒル

エコペイズ

国内銀行口座

という3つのアカウント間でお金を移動させ、資金移動も手軽に、かつスピーディに行うことができます。

エ、エコペイズ?中間決済サービス?

と馴染みがない単語に混乱してしまったかもしれませんが、大丈夫です!

日本では金融機関の規制によりクレジット/デビットカード、銀行振込でウィリアムヒルに直接入金することが出来ないため、エコペイズという中間決済口座を間に挟んで入金作業を行います。

エコペイズとは日本を含む世界159ヶ国、日本円を含む45通貨、個人に加えて企業間送金にも利用されている世界的なオンライン決済方法サービスで、日本でも数万人はいるとされるブックメーカーユーザーにも超お馴染みのサービスです。

エコペイズだの、中間決済口座だの、一見ややこしいように見えますが理屈は超簡単。

私たちがウィリアムヒルを利用するためにやるべきことは

  1. ウィリアムヒルにアカウントを作成
  2. エコペイズで口座を開設
  3. 国内銀行からエコペイズに入金
  4. エコペイズからウィリアムヒルに入金

この4つだけです。

この4つの作業さえ完了させてしまえば、すぐにでもウィリアムヒルで賭けを楽しむ体制を作ることが出来ます。

全然難しくないですよね?

ウィリアムヒルを利用するために必要なその4つの作業がわかったところで、そのやり方を一つ一つ解説していきますね。

 

作業① ウィリアムヒルにアカウント登録

まずは以下のリンク先よりウィリアムヒル公式サイトでアカウントを作成します。


⇒ ウィリアムヒル
-Wiiliam Hill-【公式】

具体的なやり方、入力項目の解説はこちらの記事で解説しています。利用通貨や住所入力など分からない所があれば、こちらの記事を開いて不明箇所を確認してくださいね。

⇒  ウィリアムヒルの登録方法

 

また最大2万円分のフリーベットボーナスが貰えるキャンペーンについてはこちら。

 

作業② エコペイズに口座を開設する

ecoPayzのロゴ

次にエコペイズで口座開設をします。以下のリンク先から口座開設の申し込みを行うことができます。

⇒ エコペイズ
– ecoPayz-【公式】

具体的な入力内容などは以下の記事で取り上げています。

口座開設後にアカウントのアップグレードをやっておくと便利なので、ぜひ以下の記事を開いて作業を行ってください。

⇒ エコペイズの登録方法

 

作業③ 国内銀行からエコペイズに入金する

エコペイズ口座が出来上がったら、ご自身の銀行口座から振込で資金を移動させましょう。入金反映まで0~3営業日となっていますが、早ければ30分程度でエコペイズ口座に振込額が反映されます。

また、銀行振込→エコペイズ間で送金額の5%の手数料がかかります。5万円を送金すると手数料がプラスで2,500円、2万円だと1,000円の手数料ですね。

エコペイズへの具体的な入金方法は以下の記事を開いてご確認ください。

⇒ エコペイズの入金方法(銀行振込→エコペイズ)

 

作業④ エコペイズからウィリアムヒルに入金する

最後の作業です。エコペイズからウィリアムヒルに入金します。

エコペイズ ⇔ ウィリアムヒル間では手数料は不要。入金指示はウィリアムヒルの公式サイトから行い、入金は操作終了後に即時反映されます。

ウィリアムヒルからの入金指示の操作方法は以下の記事を開いてご確認ください。

⇒ ウィリアムヒルの入金方法

 

資金移動完了!いざウィリアムヒルで勝負!

ロシアW杯雑誌の上にウィリアムヒルを表示したiPhoneと1万円札5枚

4つの作業が終わったら、ウィリアムヒルですぐにスポーツベッティングを楽しむことができます。

一攫千金を目指して、日本代表戦や国際Aマッチ、海外サッカー、Jリーグ、プロ野球、メジャーリーグ、テニスなど様々な競技の賭けをお楽しみください!

 

ウィリアムヒルの入金方法についての補足

この記事では利便性が高いエコペイズを使った入金方法を解説しましたが、実はウィリアムヒルには

  1. クレジットカード(デビットカード)
  2. STICPAY(スティックペイ)

というエコペイズ以外に2つの入金方法が用意されています。

しかし日本発行のカードはギャンブルサイトへの入金に規制をかけていることが多いため、大抵は入金拒否されてしまい、入金手段としてはほとんど機能していません。

STICPAY(スティックペイ)はエコペイズと同じ中間決済サービスを間に挟む入金方法で、日本国内のクレジットカードやデビットカードからSTICPAYに入金、さらにそこからウィリアムヒルに入金することができます。

しかしスティックペイからウィリアムヒルに入金するには、スティックペイカードというプリペイド式のクレジットカードを用意する必要があるのですが、そのカードを作成するにはパスポートが必須であり、なおかつ発行に時間がかかってしまいます。

さらにエコペイズ経由で入金をすれば、入金額の2.5%を現金キャッシュバックしてくれるキャンペーンもあるので、やはりウィリアムヒルにはエコペイズ入金がお手軽でオススメです。

スティックペイはウィリアムヒル以外の様々なブックメーカーも同時に利用する場合に利便性が良いのですが、スティックペイカードを発行するのは、ブックメーカーで長く遊んでいるうちに必要性を感じてくると思うので、それからの発行でも遅くないと思います。

ひとまずウィリアムヒルでスポーツベッティングを楽しんでみたいという初心者であれば、まずは手軽に、すぐに口座を作れるエコペイズがちょうど良いように思います!

 

ウィリアムヒルから出金する

ウィリアムヒルの出金方法のTOP画像

ウィリアムヒルで儲かったお金を出金するには、入金時と逆のルートでウィリアムヒル→エコペイズ→国内銀行の順でお金を移動させます。

ウィリアムヒル→エコペイズ間は1営業日で出金が反映され、手数料は不要。

エコペイズ→国内銀行は3営業日ほどかかり、手数料は送金額の1%(ただし最低手数料額が約1,900円で必須)です。

具体的な手順は以下の個別記事を御覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました