STICPAY-スティックペイ-入金方法/クレジットカード&ビットコイン

スティックペイ入金記事のトップバナー

2019年時点でのSTICPAY(スティックペイ)口座への入金方法を解説します。

クレジットカードの登録作業は身分証明、居住証明の2種類の本人確認書類が承認されてからでないと進められません。承認がまだの方は、「スティックペイ-STICPAY-の登録方法と本人確認書類の提出方法」の記事にあります本人確認書類の承認がされてから、改めてこちらの作業を進めて下さい。

【2019年版】スティックペイ口座への入金方法

2019年時点で、STICPAY口座への入金方法で一般的なのがこちら。

  • クレジットカード(手数料3.85%)
    • VISA
    • MASTER
  • 仮想通貨入金(手数料1%)
    • ビットコイン
    • ライトコイン
    • イーサリアム

この他、海外銀行送金も手数料1%ですが、入金先の銀行口座がUSDですので日本円の銀行口座からでは両替手数料が余計にかかりますし、入金反映にも3~5営業日も要してしまうので、即時入金が可能なクレジットカードと仮想通貨がやはり人気です。

また国内銀行送金ギャンブルサイトへの利用目的に限り日本では利用禁止となっています。

ユニオンペイは中国企業が発行しているクレジットカード/デビットカードのことで、日本ユーザーが利用する機会はほぼないかと思います。

以上のことから、日本でSTICPAYに入金するときは

  • クレジットカード(デビットカード)
  • 仮想通貨(特にビットコイン)

が主流となっている状況です。

仮想通貨の中では、ビットコインが大手ブックメーカーで入金対応している所も多いと会って、イーサリアムやライトコインよりも利用頻度が高くなっています。

ではこれより、クレジットカード(デビットカード)、ビットコインという日本でよく利用される2つの入金方法のやり方を具体的に解説していきます。

 

①クレジットカード(デビットカード)からスティックペイへの入金方法

クレジットカード入金を初めて行うときは、

  1. カード写本(コピー)アップロード
  2. 入金

という2つのプロセスが経る必要があります。

カード写本(コピー)アップロードは1枚のクレジットカードにつき初回だけやれば良いので、2回目以降は「2」の入金操作だけでOKです。

ただし新しいクレジットカードで入金する際は、改めてカード写本(コピー)アップロードを行う必要があります。

 

カード写本(コピー)アップロードする手順

初めてクレジットカード入金をする際は、まずアカウントにログインし、左メニューの「入金」→「クレジットカード」をクリックします。

STICPAYのクレジットカード入金の選択画面

ページを開くと、

クレジットカードによる入金は必ず該当カード写本 (コピー)をアップロードした後、承認された場合、処理が可能です。

というメッセージが表示されていますので、同画面にある「カード写本(コピー)アップロード」のオレンジ色のボタンをクリックして下さい。

STICPAYのクレジットカードの写本アップロードボタンの操作画面

次に表示されたこちらの画面で、「入金に利用するクレジットカードの原本を写真に撮って、その画像をアップロードして、事前登録」をします。

STICPAYのクレジットカード画像のアップロード画面

先程の本人確認書類と同じく、入金に利用するクレジットカードを四隅を入れて写真で撮影し、両面2枚の画像をアップロードしてください。

クレジットカード前面の写真を撮影する際は、必ずカードの表面に記載されている16桁のカード番号のうち、最初の2桁目から12桁目までを付箋を乗せるなどして隠して撮影してください。

カード裏面の写真を撮影する際も同様に、3桁のCVVコードを付箋などで隠して撮影します。実際の画像イメージがこちら。

撮影イメージ。実際はモザイク処理はありません。

撮影イメージ。実際はモザイク処理はありません。

上記画像はサイトに掲載するため、名義部分などにモザイク処理をかけていますが、実際に提出する画像にはモザイク処理は不要です。

カード番号を隠すときは物理的な紙などで隠すことが条件なので、上の撮影画像のようなモザイク加工をしてしまうと、承認を受けられません。

この画像2枚をアップロードし、さらに画面下部でカード情報を入力。最後に送信をクリックします。

STICPAYのクレジットカード画像のアップロード画面

アップロード画像をアップロードすると、本人確認書類の提出時と同じくステータスが待機中になっているはずなので、承認されるまでしばらく待ちください。

早ければ数時間、遅くとも1~2営業日以内には承認されるはずです。

 

クレジットカードでSTICPAY口座に入金する手順

クレジットカードの写本アップロードが承認されたら、実際に入金操作を行います。

左メニューの「入金」「クレジットカード」と進むと、アップロードしたクレジットカードの一部の番号が記載されているはずです。

下の画像で、①入金先の通貨口座を選び、②入金額を入力し、「Money in」をクリック。

「入金額-3.85%の手数料」の金額が最終的にアカウントに入金されますので、例えば6,000円入金申請をすると、最終的に5,769円がスティックペイ口座に反映される仕組みです。

STICPAYのクレジットカード入金の取引履歴とステータス画面

さらにもう一度、①カード番号、②有効期限、③CVVコードを入力し、「Deposit」をクリック。

STICPAYのクレジットカード入金操作画面

入金反映まで通常約5分程度です。

STICPAYのログインTOPに戻ると、以下のように取引履歴に入金指示が掲載されており、ステータスが「処理中」あるいは「待機中」となっているはずです。

STICPAYのクレジットカード入金の取引履歴とステータス画面

ここまでくれば、間もなくSTICPAYアカウントに入金が反映されるはずです。入金が反映されたら次はブックメーカーへの入金です。

 

■STICPAYから各ブックメーカーへの入金方法一覧

 

②ビットコインでSTICPAYに入金する方法

ビットコインでSTICPAYに入金するときは、左メニューの「入金」、「仮想通貨」を選択して進むと、下記の画面が表示されます。

STICPAYの仮想通貨入金画面のスクリーンショット(PC)

画面中央に赤の矢印で入れているビットコイン入金アドレスをコピーしてください。

次に、ビットコインの送付元となる仮想通貨取引所などから出金操作を行います。

ここでは、仮想通貨で賭けができるスポーツベットアイオーから出金操作画面で説明します。ビットコイン出金の画面にある「ビットコインアドレス」に、先ほどの「ビットコイン入金アドレス」をコピペします。

スポーツベットアイオーのビットコイン出金操作画面のスクリーンショット(PC)

「出金」を選択して操作を完了させると、あとはSTICPAY側での入金反映を待つだけ。入金反映までは約20分ほどです。

STICPAYへの入金が完了したら、次はブックメーカーへの入金です。

 

■ビットコインで各ブックメーカーに入金する方法一覧

 

タイトルとURLをコピーしました