ピナクル-Pinacle-の出金方法と手数料に関する注意

Pinacleの出金記事のトップバナー

ピナクルから出金する方法は、


  • エコペイズ(ecoPayz)
  • ビットコイン
    • スティックペイ(ビットコイン口座)

という大きく2つの決済手段が提供されています。

ピナクルからビットコインで出金する場合、送信先アドレスをスティックペイアカウントに指定できますので、それを含めれば3つの出金ルートが提供されていることになります。

ピナクルでは出金に関する注意点が幾つかありますので、まずその注意点を整理し、その後でピナクルから出金するときの具体的なやり方について解説していきます。

ピナクルの出金手数料に関する3つの注意点

ピナクルでは出金に関して3つの注意点があります。

まず一つ目に、ピナクルでは「最低引き出し条件」というものが設定されており、この条件をクリアしないとアカウント外部に出金することができません。

最低引き出し条件」というのは、入金額の3倍の金額を累計でベッティング(賭け)することで、例えば5,000円を入金すれば15,000円、10,000円を入金すれば30,000円を合計でベッティングするまで、引き出しができないルールのことです。

入金額の3倍なので、賭けに勝ってお金を増やしていくことが前提条件となりますから、こういう点からもピナクルは上級者向けのブックメーカーと言われるの理由がよく分かるかと思います。

つまり、入金する度にこの引き出し条件が設定されるので、その都度、勝ちを重ねてお金を増やしていき、累計で入金額の3倍の賭けに到達しないと出金できないというルールです。もし負けが混んで残高が0になってしまった場合は、最低引き出し条件もリセットされて0になる仕組みです。

もし3倍の引き出し条件に満たない状態で引き出しを行いたい場合は、3%の手数料を支払って、1度きりの特別対応で引き出しをすることも出来ます。

二つ目に、ピナクルでは月1回までは出金手数料はかかりませんが、2回目以降は日本円で1,200円(12ドル、12ユーロ)の手数料がかかります。

手数料の金額が結構大きいので、手数料の支払いを避けるためにも、少額を何度も出金するのは避けて、大きい金額を月に1度出金するようにすることを推奨します。

ピナクルの出金には本人確認が必要

3つ目の注意点は、ピナクルアカウントから残高を出金をするには必ず身分証明書、居住証明書などの本人確認が必要で、この本人確認による承認が降りていないアカウントからは一切出金できないということ。

本人確認は最初の1度だけで良く、2回目以降の出金時には提出しなくて大丈夫です。

おそらくアカウント開設後に、運営側からの本人確認書類の提出を求めるメールがピナクルから届いていたかと思いますが、そのメールに記載されているリンク先から本人確認書類の提出を行います。

もしメールを紛失された場合は「https://cashier.pinnacle.com/VerifyUpload.asp?customerId=○○○○」の○○○○部分に、ご自分のアカウントIDを入れて、リンク先に遷移してください。

ピナクルで提出する書類は、

  1. 身分証明書
  2. 住居証明書類

の2種類で、クレジットカード/デビットカードでご入金された方は、お引き出し要請をされる前にカード認証が必要となります。

身分証明書
運転免許証、パスポート、写真付き住基カードなど政府発行の証明書(顔写真付きであればマイナンバーカードでも行けるかもしれません)
居住証明書
水道光熱費などの公共料金の領収書、納税証明書、住民票、クレジットカードの請求書、銀行明細書などの、過去3ヶ月以内に発行されたもので、住所、氏名、発行日が確認できる書類であることが条件。請求書でも可ですが、支払い前のものに限ります。

それぞれ1種類ずつ、証明書の写真をアップロードします。私は銀行からの書類を居住通知書代わりに提出し、無事に承認されました。

他のブックメーカー、エコペイズ(ecoPayz)やスティックペイ(STICPAY)などでの本人確認でも同様の書類を提出した方も多いと思いますが、同じものを提出してOKです。

ただし居住証明書類は発行から3ヶ月以内であることが条件なので、過去提出したものでも発行日が3ヶ月以上前のものは却下されてしまいますのでご注意ください。

書類提出はメールでは受け付けておらず、必ず下記の指定URLからアクセスし、指定のアップロードツールを使って提出しなければいけません。

指定URL
https://cashier.pinnacle.com/VerifyUpload.asp?customerId=ご自分のアカウントID

提出後は72時間以内に承認、あるいは非承認の連絡が届く見込みとなっていますので、承認後に改めて出金申請を行って下さい。

 

① エコペイズに出金する方法

以上3つの注意点をクリアし、その上で出金するときの方法を解説していきます。

ピナクルから入金をするときは、アカウントにログイン後、TOPページ右上にある残高が表示された部分をクリックし、「入金/引き出し」をクリックしてください。

ピナクルでの出金選択画面

するとこちらのキャッシャー画面が表示されますので、右側にあるお引き出し方法の中から「ecoPayz」をクリックしてください。

ピナクルの入金方法の選択画面

次の画面で①出金金額を入力し、②手数料に関する同意チェックを入れて、「送信」をクリックします。

ピナクルでは月1回まで出金手数料は無料ですが、2回目以降が1,200円(12ドル、12ユーロ)の出金手数料がかかります。

ピナクルからエコペイズへの出金操作画面

出金申請が終わると、間もなくメールで完了通知が届きます。

 

② ビットコインで出金する方法

ピナクルから入金をするときは、アカウントにログイン後、TOPページ右上にある残高が表示された部分をクリックし、「入金/引き出し」をクリックしてください。

ピナクルでの出金選択画面

するとこちらのキャッシャー画面が表示されますので、右側にあるお引き出し方法の中か「bitcoin」をクリックしてください。

ピナクルの入金方法の選択画面

次の画面で出金額を入力し、ビットコインの送付先アドレス手数料に関する同意チェックを入れて、「送信」をクリックします。

Pinacleのビットコイン出金操作画面

送付先のアドレスは、送付先アカウントで表示させたものをコピペしてください。仮想通貨取引所であったり、エコペイズやスティックペイ側で「預入用ビットコインアドレス」を確認することができます。

例えばこちらはGMOコインの「預入用ビットコインアドレス」の表示画面です。

GMOコインの預入用ビットコインアドレスの表示画面

上の画像で赤枠で囲んだアドレスをピナクル側で送付先アドレスに指定し、出金申請を行うと、数営業日で出金が完了します!

 

ビットコインでスティックペイに出金する方法

ここからは補足です。

ピナクルからスティックペイへの出入金は日本円やユーロ、ドルでは出来ませんが、ビットコインでの出金先をスティックペイに指定することは出来ます。

ピナクルからスティックペにビットコイン出金するときは、スティックペイで「入金」→「ビットコイン」で進むとビットコイン入金アドレスが表示されます。

スティックペイの預入用ビットコインアドレスの表示画面

上の画像で赤枠で囲んだアドレスをピナクルの出金先に入力して下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました