【2020年6月】ブックメーカー収益報告~運命の初回は収支ドマイナス~

ブックメーカーでの月間収益報告ブログを今月からスタートします。

賭けるのはもっぱらサッカーのみ。6月はブンデスリーガ、プレミアリーグ、リーガが中心でしたが、7月以降はここにJリーグが入ってきます。

この記事を書くために月間ベット成績を集計してみたところ、無様な負けっぷりを直視するハメとなり辛くなる一方でした。

収益報告ならぬ赤字報告ブログになる可能性もありますが、もし途中で嫌になったらこの企画はやめにします(笑)

ブックメーカー収益/総合成績

まず2020年6月の月間総合成績です。ベット数13。

2020年6月成績
総合成績6勝7敗収支-12,360円
総賭金44,600円総払戻金32,240円

収支マイナス (´;ω;`)

続いて個別ベットの詳細。

個別ベット成績
最高勝利金+6,480円最高勝利オッズ@2.71
最高敗戦金-10,000円最低勝利オッズ@1.30
勝利平均オッズ@1.925敗戦平均オッズ@2.631

負けたやつはオッズが高いのが多いですね、こうやって見てみると。まぁ南野ゴールとかそういう験担ぎ的な応援ベットも中には入ってますが。

一番でっかく負けたのは「ツエーゲン金沢×松本山雅」の松本勝利@2.55で、これに1万円ぶっ込んだんですが見事に負けました。

同一カード10連勝中で好相性だったから絶対勝てると思ったのに…。

続いてブックメーカーごとの成績。その日の気分に合わせていろんなのを使いますが、最近の主戦場はSportsbet.ioです。

ベット数勝敗収支
Sportsbet.io105勝5敗– 60円
WilliamHill10勝1敗-10,000円
Pinnacle10勝1敗– 3,800円
bet36511勝0敗+1,500円
合計136勝7敗-12,360円

続いてリーグごとの成績。リーガ・エスパニョーラの成績が良いのはレアルマドリード関連の賭けで勝ってるやつが多いから。

ベット数勝敗収支
プレミア52勝3敗-9,780円
ブンデス31勝2敗+3,340円
リーガ53勝1敗+4,080円
J210勝1敗– 10,000円
合計136勝7敗-12,360円

最後にベット内容ごとの戦績。

ベット数勝敗収支
90分勝敗52勝3敗-17,210円
ダブルチャンス10勝1敗-2,500円
カップ戦勝ち抜け11勝0敗+2,130円
90分勝敗
+両チーム得点の有無
32勝1敗+6,670円
90分勝敗
+ハンディキャップ
11勝0敗+1,550円
得点者20勝2敗-3,000円
合計136勝7敗-12,360円

振り返ってみると結構いろんなのに賭けてますねぇ、負けまくってるけど。

「90分勝敗+両チーム得点の有無」ってのは、無失点勝利とか、両チーム得点+勝利とかそういうのですね。実際に勝ったのは「レアルマドリード×バレンシア戦のレアル無失点勝利(@2.61)」とか。

ヘビーユーザーじゃないので上級者から見ると賭金は可愛らしい金額なんですが、これでも結構興奮しながら試合を見てましたw

ちなみにこの試合もそうですが、Twitterで試合結果を予想する投票をよく募ってまして、比較的的中率が高いのでよく利用させてもらってます。

他の人の予想を知りたい方はぜひブクサカTwitterアカウント(@bukusaka)もフォローしておいてください!

 

個別ベット明細

最後に6月1ヶ月の間に私が実際に賭けたベット明細の一部を貼っておきます。

私は賭金控えめのライトユーザーですが、みんなこういう感じでプレイしてるんだ~と参考にしてもらえれば。

2020年6月のSportsbet.ioでの賭け明細のスクリーンショット

7月はJ1もついに再開。せめて収支プラスになってくれるといいけどなぁ~

 

タイトルとURLをコピーしました