【悲報】ブックメーカーの利益には税金がかかる!申告漏れしないために知っておくべきことまとめ|会社員・学生・主婦も安心

ブックメーカーで得た利益に対して、税金がかかるのか気になりませんか?

結論からいうとブックメーカーで得た利益は、原則一時所得に分類され、所得税の課税対象となります。

日本の法律では、競馬などのギャンブルから生じた利益は、原則一時所得に分類されます。

サラリーマンであれば、年末調整を受けた給与所得以外の所得が20万円を超えた時点で、税金を納めるために確定申告を行わなければいけません。

本記事ではブックメーカーで得た利益にかかる税金について、分かりやすく解説しています。

ブックメーカーで得た利益に税金はかかるのか?

ブックメーカーに税金はかかるのか

海外ではブックメーカーなどのオンラインカジノで得た利益に対して非課税の国も存在します。

しかしながら、日本ではブックメーカーをはじめとした

  • オンラインカジノ
  • 競馬
  • パチンコ

などの、ギャンブルで儲けたお金に対しては税金(所得税)が課せられます。

海外のブックメーカーサイトを利用していたとしても、稼いだお金は所得税として課税対象となります。

きちんと申告しないと「申告漏れ」となる可能性があるため、注意が必要です。

ブックメーカーで得た利益にかかる税金の種類

所得税の対象となる所得にはさまざまな種類がありますが、ギャンブル等で得た利益は原則「一時所得」に分類されます。

※一時所得とは?

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

出典:一時所得|国税庁より

人によっては「事業所得や、雑所得扱いにならないの?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。

「一時所得とは?」の説明にあるように、ギャンブルで「生計を立てている」「継続的な収入がある」という場合には、事業所得や雑所得の扱いとなる可能性もあります。

しかし、あくまでもそれは例外です。

ブックメーカーなどで得た利益は、基本的に一時所得となるのでご注意ください。

もし判断に迷う場合はご自身で判断するのではなく、税務署の方に相談してみましょう。

ブックメーカーで得た利益にかかる税金の計算方法

ブックメーカーで得た利益の課税対象額は、以下の計算式で求められます。

『一時所得の課税対象額 』=(利益-最高50万円の特別控除)/2

一時所得には最高50万円の特別控除額が設けられています。つまり、ブックメーカーで得た利益が50万円以下の場合には、課税対象になりません。

また、この利益に「損失額」は考慮されません。

例えば、1年間で100万円の利益を得て150万円を損失してしまったと仮定しましょう。

最終的に手元に残るお金は-50万円です

一見すると「-50万円なら課税対象にならないのでは?」と思いますが、損失額は考慮されないため、利益の100万円がそのまま課税額の対象となります。

また、日本には送金せずに海外のブックメーカーアカウントや、ネット口座においたままの利益も課税対象となります。

一般的には利益が出たときのレートで換算されるため、米ドルやユーロ等、外貨で保有している方は、確定申告する際の申告額に注意しましょう。

こうして計算された一時所得の課税対象額とその他の所得を合算して、所得税計算の基となる金額を算出します。

具体的な所得税額の計算式はこちらです。

※所得税額の計算式

『所得税額=(給与所得+事業所得+一時所得など)-所得控除×税率』

所得税は、個人の所得に対してかかる税金で、1年間の全ての所得金額から各種所得控除の額の合計額を差し引いた残りの課税所得金額に税率を適用し税額を計算します。

出典:所得税のしくみ|国税庁より

確定申告するのは、いつからいつまでの利益?

毎年1月1日〜12月31日の1年間にブックメーカーで得た利益を集計し、確定申告をします。

指定の期間内にブックメーカーで得た利益は、全て課税対象となるため、申告漏れなどがないように注意しましょう。

また、確定申告時に計上しやすいように、個人で月毎に集計することをおすすめします。

今は無料のクラウド会計ソフトなど、オンラインで自動集計できるサービスなどもありますので、興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

確定申告の仕方

確定申告の仕方

確定申告は、基本的に毎年2月16日から3月15日までの間に行います。

大まかなの手順としては、以下の通りです。

  1. 前年1月1日〜12月31日の収支を計算
  2. 国税庁のHPの確定申告書作成コーナーで書類を作成
  3. e-Taxを利用しデータを送信、または印刷して捺印の上、窓口持参、郵送

確定申告書の作成は、国税庁HPの確定申告書作成コーナー」を利用すると便利です。

指示通りに進めることで、誰でも簡単に確定申告書を作成することができます。手順を参考にしながら、ぜひ一度実際に作成してみてはいかがでしょうか。

また、確定申告書の提出方法は、「窓口へ持参」「郵送」「e-Taxでデータ送信」の3つの方法から自由に選択できます。

確定申告書の提出が完了したら、後日、納税が必要な方には税務署から納税書が送られてきます。納税方法は「口座振替」「現金納付」「e-Taxで納付」の3パターンです。このうち「口座振替」は申告期限までに、申告書と一緒に「預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書」を提出した場合に限り利用可能です。

また、「還付」を受ける場合は、申告書に記載した預貯金口座に還付金が自動的に振り込まれます。

その他、確定申告の詳しい方法に関しては、国税庁HPを参考になさってください。

【職業別】ブックメーカーで得た利益にかかる税金の確定申告のポイント

確定申告方法

ブックメーカーで得た利益にかかる税金の確定申告方法は、納税者の職業によって異なります。

会社員と無職(学生・主婦・主夫など)の方それぞれの注意点を確認しましょう。

会社員(サラリーマン)の場合

会社員の方でその年の給与所得・退職所得以外の所得が20万円を超える人は、確定申告が必要となります。

その他の注意点として、会社によってはブックメーカーで得た収入を「副業」と判断される可能性があります。ご自身の勤務先の副業の取扱いについても確認しておくと安心でしょう。

無職(学生・主婦・主夫など)の場合

学生や主婦(主夫)などで他に収入がなく、ブックメーカーで得た利益が年間48万円以下であれば、確定申告の必要はありません。

これは、税金を計算するときに納税者に一律で適用される基礎控除が48万円と決まっているためです。

ちなみにパートやアルバイト先から給与をもらっている場合は、会社員と同様、ブックメーカーで得た所得が20万円を超えると確定申告が必要となります。

また、親や配偶者の扶養に入っている場合、アルバイトやパート収入にブックメーカーの所得が加わり、いつの間にか所得制限を超えて扶養から外れてしまったということのないように気をつけておきましょう。

ブックメーカーで得た利益にかかる税金でよくある質問

ブックメーカーの税金でよくある質問

ブックメーカーで得た利益にかかる税金の質問や悩みはとても多いですが、その中でも特に多かった質問だけに絞って、わかりやすくまとめてみました。

ブックメーカーで利益を得る方法を知ることも大事ですが、その後の対応についてもしっかりと把握しておくことが大切です。

また、今回取り上げていない内容で気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

Q.「住民税が上がるなどして会社に知られない?」

「ブックメーカーで収入を得ていることを周囲に知られたくない」という方は、「住民税を自分で納付する」という対応策があります。

通常、会社員の方の住民税は給与から天引きされています。この徴収方法を特別徴収といいます。

ブックメーカーで得た所得分の住民税を「特別徴収」にすると、通常通り給与から天引きとなるため、勤務先にその情報が伝わることになります。

しかし、確定申告時に「自分で納付する(普通徴収)」を選択することで、追加分の住民税の納付を勤務先に知らせることなく済ますことができます。

もし、ブックメーカーの利用を周囲に知られたくないという場合は、この対応策を覚えておくと安心ですね。

Q.「ブックメーカーの収入を雑所得に計上できるときはどんなとき?」

雑所得とは、下記に該当しない所得を指します。

・利子所得
・配当所得
・不動産所得
・事業所得
・給与所得
・退職所得
・山林所得
・譲渡所得及び一時所得

参考:国税庁HP(雑所得)

 

身近なものでいえば、「公的年金」や「副業にかかわる所得(原稿料やシェアリングエコノミーにかかわる所得など)」が雑所得となります。

ギャンブルで得た利益を雑所得として申告するメリットは「損失額を必要経費に算入できる」という点です。

実際に過去、競馬の馬券の払戻金が一時所得と雑所得のいずれに該当するかが争われていた裁判において、馬券購入の状況などから雑所得に該当し、外れ馬券の購入費用は必要経費に該当するという判決がなされたことがありました。

参考:国税庁HP>競馬の馬券の払戻金に係る課税について

しかし、これはあくまで例外です。

前述の通り、ギャンブルで得た利益は原則「一時所得」に該当し、損失額は必要経費にはなりません。

それでも、もしブックメーカーで得た利益を「雑所得で申告したい」と思ったら、購入の期間、回数、頻度、その他の細かい事柄を記録しておきましょう。

一時所得か雑所得かは、それらの記録や様々な状況を考慮して総合的に判断されます。

税務署の方が判断しやすいように材料を準備しておくことが大切です。

Q.「一時所得は他の赤字と相殺(損益通算)できる?」

損益通算とは損失(赤字)と利益(黒字)を相殺することをいいます。

結論からいえば、一時所得は他の赤字と相殺することはできません。

損益通算ができる所得の種類としては、主に4つ挙げられます。

  1. 不動産所得
  2. 事業所得
  3. 譲渡所得
  4. 山林所得

つまり残念ながら、ブックメーカーで損失が出ても他の所得と相殺することはできないということになります。

ブックメーカーで得た利益にかかる税金まとめ

ブックメーカーで得た利益にかかる税金のポイントには

・ブックメーカーで得た利益は原則一時所得に分類される

・ブックメーカーで得た利益が50万円以下の場合は課税対象にならない

・会社員は給与以外の年間所得が20万円を超えると確定申告が必要

・無職(学生や主婦・主夫)の方は年間所得が48万円以下の場合、確定申告は不要

などがありました。

ブックメーカーを利用する際は、やり方を覚えることだけに注力するのではなく、利益が出たときの税金についてもしっかりとおさえておくことが大切です。

うっかり申告漏れにならないように気をつけながら、ブックメーカーを楽しみましょう。

おすすめのスポーツブックメーカー|日本人に人気20社を徹底比較
【2021年版】日本人に人気・おすすめの有名海外ブックメーカーの一覧リスト20選です。WilliamHill、10Bet Japan、Sportsbet.io、bet365などの超大手のおなじみブックメーカーに加えて、Pinacle、1Xbet、カジ旅スポーツ、188Betなども紹介。

 

alignnone wp-image-5727

(監修者)FPサテライト所属FP 金井 優子 https://fpsatellite.co.jp/

兵庫県出身、藤沢市在住。
新しい分野への挑戦が好きで、CA、フリーアナウンサーを経てFPに。
現在は年子男子の育児をしながら、FPとして活動している。
出産後の家計管理に奮闘した経験から、子育て世代に寄り添うFPを目指している。

 

タイトルとURLをコピーしました